全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内―成田間新規路線 8月1日就航

 格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパン(千葉県成田市、片岡優社長)は17日午後、庄内空港と成田空港を結ぶ新規路線を8月1日に就航すると発表した。180人乗りのエアバスA320型機が1日1往復し、最安の料金は片道4490円に設定した。就航記念として座席数限定で8月1日から10月24日まで片道174円のキャンペーンを展開。販売は今月18日午後3時から24日午後6時。LCCの就航は県内初。

 同社の片岡社長が同日、三川町の県庄内総合支庁で記者会見を行い、新規路線開設を発表した。会見は吉村美栄子知事、庄内空港利用振興協議会会長の丸山至酒田市長、副会長の皆川治鶴岡市長が同席し、共同で行われた。

 運航は成田発午後1時、庄内着同2時5分、折り返し便は庄内発同2時50分、成田着同3時55分。

 ジェットスター・ジャパンは2011年、オーストラリアの航空会社カンタスグループや日本航空などの出資で設立。国内線は現在、成田、中部、関西の3空港を拠点に22路線を運航している。開設路線は西日本発着が主で、東北・北海道では新千歳空港(北海道)のみの就航。庄内空港への就航により、同社にとって初の東北地区の路線開設となる。

 同社は昨年11月27日、中期経営計画発表会で、「庄内地域には観光需要だけでなく、ハイテク企業の集積によるビジネス需要が見込まれる」として、庄内―成田間の新規路線就航検討を表明。12月4日には、片岡社長が県庁を訪れ、吉村美栄子知事と面談し、「就航が決まれば新たな需要をつくれる。地元の熱い期待も感じており、検討を加速化させたい」と積極的な姿勢を見せ、吉村知事は「実現に向け、県としてもできる限りの協力をしたい」と応じていた。

 新規就航を視野に県は本年度予算に、庄内空港ビルの入居施設賃貸料、パッセンジャー・ボーディング・ブリッジ(搭乗橋)など使用料の支援や就航PR、2次交通整備支援など受け入れ態勢整備、利用拡大支援に7112万円を盛り込んだ。

 庄内開発協議会などは、庄内空港の利便性拡充に向け、重要要望項目にLCC誘致を掲げ、県や地元経済団体などと共に関係方面に就航を働き掛けてきた。

8月1日新規就航の庄内―成田線で使用されるジェットスター・ジャパン エアバスA320型機

関連記事

長野日報社

能舞台で聴衆魅了 辰野で初の「音楽祭」多彩に

 長野県上伊那郡辰野町と住民が協働で展開する「日本のど真ん中」PRプロジェクトのイベント「能舞台de(で)音楽祭」は22日、同町川島のかやぶきの館の能舞台で開いた。プロの音楽家や地元中学生らが...

餃子づくりで日中親睦

 豊橋地区日中友好協会(鈴木道夫会長)は22日、「中国人留学生と餃子(ぎょうざ)を作る会」を豊橋市本郷地区市民館で開き、日中両国の友好を互いに深め合った。  同協会が毎年実施する恒例の友好事業...

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク