全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

飛島産水産物PR 「応援店」制度スタート

 酒田市飛島の漁業者でつくる飛島地区漁業集落(齋藤半一代表)は12日から、飛島産の水産物を提供する市内の飲食店やスーパー、鮮魚店など10店舗を「とびしま応援店」に認定し、のぼり旗やチラシなどを使ってPRする制度をスタートさせた。

 水産庁と県、市の助成による離島漁業再生支援事業の一環。本土の飲食店などに「応援店」になってもらい、飛島産水産物の消費拡大と知名度アップを図る狙い。今年2月に島の水産物を使った料理や加工品、鮮魚などを提供する店を募集し、応募があった中から同漁業集落が認定。助成金を使って、各認定店や旬の水産物を紹介するチラシ、のぼり旗を製作し、のぼり旗は各店に掲げるなどしてPRしていく。

 10店舗の内訳は、「飛島の水産物料理が味わえる店」6店舗、「『飛島のシャキとろぎばさ』販売店」3店舗、「飛島の水産物販売店」1店舗。

 このうち「飛島のシャキとろぎばさ」は豊かな磯の香りととろみが特徴の海藻「ギバサ」(アカモク)をゆでて細かく刻み、パック詰めしたもので、県漁業協同組合が同支援事業の一環で開発し、昨夏から県内の生活協同組合共立社の店舗などで販売している。飛島ではそのほか、春から秋にかけてはメバルやスルメイカ、サザエ、秋から春にかけてはアワビ、ズワイガニ、生のギバサ、タコなど、恵まれた自然環境で育ったいきの良い水産物が捕れるという。

 漁業集落事務局の市農林水産課では「季節ごとに島のおいしい水産物をより多くの人に味わってほしい」と認定店の利用を呼び掛けている。認定期間は来年3月末までだが、消費者の反応を見ながら、追加・継続も検討していくという。

 とびしま応援店は次の通り。

 ▽飛島の水産物料理が味わえる店=割烹さわぐち(相生町二丁目)炭かへ(中町二丁目)旬味鮮心・魚屋富重(本町三丁目)割烹・天ぷら土筆(中町一丁目)三代目兵六玉(中町二丁目)ホテルリッチ&ガーデン酒田(若竹町一丁目)▽飛島のシャキとろぎばさ販売店=こぴあコープ酒田(泉町)コープなかのくち(東栄町)マックスバリュ東泉店(東泉町四丁目)▽飛島の水産物販売店=菅原鮮魚さかた海鮮市場本舗(船場町二丁目)

「とびしま応援店」を紹介するチラシ

関連記事

ヨットの魅力体験 瀬戸内町 小学生対象に教室、レースも 

 鹿児島県瀬戸内町の小学4~6年生を対象としたヨット教室(同町教育委員会主催)が4日、同町阿鉄湾であった。児童17人が参加。NPO法人セイラビリティ奄美代表の高野洋志さん(70)を講師に、風の力...

北の屋台2%増3.5億円 コロナかわす 帯広

 北の起業広場協同組合(杉山輝子理事長)は、運営する帯広市内中心部の「北の屋台」(20店、現在は第7期)の2019年度運営状況をまとめた。売上高は前年度比2%増の約3億5300万円、来客数は横ばい...

冷たい沢で“涼”楽しむ 7月初めての休日 連日真夏日の八重山地方

 連日、30度以上の真夏日が続く八重山地方では4日午後、休日を於茂登トンネル北側のひんやり冷たい沢で過ごす家族の姿が見られた。  那覇市に住む祖父の永田一三さん(62)と遊びに来た春翔ちゃん(4)...

長野日報社

霧ケ峰高原を駆け巡る オリエンテーリングに400人

 県オリエンテーリング協会(木村佳司理事長)は4日、諏訪市郊外の霧ケ峰高原などで「霧ケ峰オリエンテーリング大会」を開いた。年齢、性別、難易度などで分けられた19カテゴリーに関東、中京圏などから約...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク