全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

布施川さん川田代さん合作が優勝 ダムカレーコン 上士幌

「ダムカレーコンテスト」の入賞レシピ。左上が第1位

 糠平小学校運営協議会が投票を募っていた「ダムカレーコンテスト」の集計結果がまとまった。全国から寄せられた32のレシピのうち、ぬかびら地区の布施川彩加さんと兵庫県の川田代友紀さんが共同で考案したレシピが、総投票数350票のうち107票を獲得し、第1位の「糠平小学校CS会長賞」に輝いた。

 同コンテストは、地域のにぎわい創出につなげようと企画。ぬかびら源泉郷の宿泊施設や町生涯学習センターなどに用紙を置き、3月上旬まで投票を募った。糠平ダムを管理する電源開発(東京)も協力した。

 布施川さんと川田代さんのレシピは、雑穀米のご飯を高く盛り、ダムの形を忠実に再現。ルーで見立てた貯水池の糠平湖に架かるアーチ橋のタウシュベツ川橋梁(きょうりょう)は、揚げたカボチャで表した。ご飯に地場産大豆を入れたり、4種類の野菜を盛り込むなど栄養バランスにも配慮した。

 2位の「上士幌電力所長賞」を受賞した町内の若原千智さんのレシピは、僅差となる105票を獲得。糠平湖の冬の風物詩「キノコ氷」をマッシュルームで表現した。

 帯広市内の角野淳也さん、美香さんのレシピは3位の「糠平小校長賞」を受賞。ウインナーソーセージを取るとルーが“放流”するユニークな仕掛けを施した。

 このほか、新潟県の大石栄樹さんのレシピが教育長賞を受賞。入賞作品は町生涯学習センターで紹介されている。集まったレシピは、町内外の飲食店などでメニュー化してもらうことも考えている。

 コンテストを発案した糠平小の目黒雅博校長は「想像以上に反響が大きく驚いた。メニュー化が実現できればうれしい」と話している。

 協力を希望する人は糠平小(01564・4・2054)へ。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク