全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鳥海山火山防災マップ公表

 山形、秋田両県にまたがる鳥海山(標高2236メートル)の噴火に備え、防災対策を検討・調整している「鳥海山火山防災協議会」の幹事会(幹事長・佐藤仁喜弥県危機管理監)が22日、酒田市の酒田勤労者福祉センターで開かれ、避難場所や避難経路などを示した「鳥海山火山防災マップ」が公表された。年度内に関係市町に配布し、新年度はその周知を図っていく。

 協議会は2014年9月の御嶽山(長野、岐阜両県)の噴火を踏まえ、山形、秋田両県が中心になり、周辺市町や国交省、気象庁の各出先機関、警察、消防などと共に設置。これまで、行政や住民が取るべき行動を5段階で示した「噴火警戒レベル」を作成して昨年3月に運用開始。同10月には「居住地域」と「河口周辺地域」の各避難計画を策定した。

 今回公表した火山防災マップは、噴火の被害想定を示したハザードマップ(15年3月策定)に、昨年に策定した避難計画に基づく避難場所や避難経路などを加えたもの。マップ本体はB2判の大きさで、表裏に山形、秋田各県の図を示した。これを収めるA4判22ページの冊子には、噴火が起きた際の行動、避難の心得、情報収集の方法など関連情報を掲載した。鳥海山火山防災マップは06年3月以来、13年ぶりの改定となる。

 1万7000部を製作し、年度内に遊佐町、酒田市、秋田県由利本荘市、にかほ市の4市町などに配布する。遊佐町は町内全戸(約4700戸)、他の3市町は避難対象地域の世帯(酒田市491戸、由利本荘市564戸、にかほ市1759戸)に配布の予定。その後、各市町が住民への説明会を開くなど、周知を図っていくことになる。

 この日の幹事会では、19年度の活動として火山防災マップの周知・啓発のほか、居住、火口周辺各地域の救助対策の検討と取りまとめ、各市町が地域防災計画に定める「避難促進施設」の基準の検討と取りまとめ、20年度から実施する防災訓練(情報伝達、避難、救助など)の内容の検討などに取り組む方針を確認した。

 アドバイザーとして出席した東北大大学院の三浦哲教授は「マップは作るだけでなく、いかに活用して防災につなげるかが重要。学校の教材にしては」、秋田大の林信太郎教授は「立体地図を作ってほしい。現場に行く機会を設けるので参加を」、同大の大場司教授は「現行のマップは『どこにあるか分からない』という学校もある。持続的に防災意識を持つ体制を。登山者はオンラインを使った入山届とリンクするなど、受け身でなく、積極的に情報を取りにいける体制を」、山形大の伴雅雄教授は「火山に関する調査研究は日々進むので、マップは一度作って終わりでなく進化させていって」などと助言した。

策定された鳥海山火山防災マップ(山形県側の図)

関連記事

カンムリワシ号を運航 JTAが八重山球児の活躍祈念 県高校野球

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は、4日開幕の「2020沖縄県高等学校野球夏季大会」に出場する八重山3高校の球児と監督、保護者らを乗せたチャーター便「カンムリワシ号」を3日午前、運航させ...

長野日報社

遠照寺開創1200年記念に連鶴 富士連鶴の会が奉納

長野県伊那市高遠町山室の遠照寺に3日、同寺開創1200年を記念し、連鶴49個が奉納された。連鶴は静岡県富士市の「富士連鶴の会」が制作。1枚の紙から作り、数羽の鶴がつながっている連鶴が、1200...

荘内日報社

鶴岡慶應先端研 高齢者対象に楽しく学ぶ勉強会

 高齢者を対象に、オンライン会議システムの立ち上げを体験的に学ぶ勉強会「やてみねが(やってみないか)オンライン」が3日、鶴岡市馬場町の慶應義塾大先端生命科学研究所センター棟で行われ、同大の社会人大学...

紀伊民報社

わくわくするまちに 白浜でオンライン会議

 和歌山県白浜町の明るい未来を語り合うオンライン会議「第1回南紀白浜ビジョンミーティング」が2日にあり、町内外から150人が参加した。それぞれの未来像を共有し、協力して実現する仕組みづくりが目的...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク