全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運

 蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館してくれたお客さんをいかに楽しんでもらえるかを考えていきたい」と話した。  水族館は1956(昭和31)年7月8日、竹島橋近くで開館。62年に現在の場所に新築移転した。  入館者数は2016年度に39万8193人が最多だった。17年度は耐震工事などで約36万人だったが、今年度の月間入館者数は11カ月中8カ月が最多になっていた。

 この日午前10時、西尾市の福田景子さん(36)と幸村君(8)、石本愛佳さん(36)と楓さん(11)、陽向さん(9)、有馬千恵美さん(36)と幸花ちゃん(2)、綺花ちゃん(0)の3組の親子が入館して70万人を突破。飼育スタッフが1㍍大のチンアナゴのぬいぐるみをプレゼントした。  福田さんは「同級生の家族で誘い合わせて来たら45万人目で驚きました」、石本陽向さんは「水族館はよく来ます。ぬいぐるみがもらえてうれしい」と白い歯をこぼした。  同館の年間入館者数は1990年代後半は20万人だったが2005年度に12万3364人と落ち込んだ。地元漁港から漁に出る漁師の協力を受けて深海生物の展示に力を入れるほか、生物の展示解説などに工夫を凝らして入館者数をV字回復させた。

関連記事

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

朝ドラ「バターチャーン」脚光 ふるさと館の来館者急増 幕別

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」にも登場したバター製造の道具「バターチャーン」を所蔵する幕別町ふるさと館(町依田384ノ3)の来館者が伸びている。5月の来館者は239人で前年同月の2.6倍に。札...

長野日報社

暗闇に舞うホタルの淡い光跡 辰野の松尾峡

蛍の名所として知られる、長野県辰野町の松尾峡(ほたる童謡公園)で、ゲンジボタルの乱舞が始まった。暗闇の中で淡い光跡を描いて幻想的な風景をつくり出し、訪れる人たちを魅了している。15日には恒例の...

「納涼ビール電車」14日から運行

 豊橋の夏の風物詩「納涼ビール電車」(路面電車)が14日、豊橋鉄道の市内線で今季の運行を始める。冷たい生ビールを飲みながら、車窓からの街並みを眺められる。  今年で27周年を迎え、駅前電停から運動公園...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク