全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

恒例の「春の茶会」楽しむ 表千家不白流

茶を振る舞うエドワード・ワインズローさん(左手前)=9日午前、登野城川平さん宅

 表千家不白流沖縄県支部八重山川平社中(川平宗勝代表)は9日、毎年恒例の春の茶会を開いた。同社中の茶道教室に通う西里琉弥君(12)と竹富町のALT教師エドワード・ワインズローさん(60)が茶を点(た)て、来客をもてなした。

 会場にはひな人形や掛け軸が飾られ、春らしい雰囲気。2人は稽古で学んだ作法を一つ一つ確認しながらお点前を披露、来客者が茶の味を堪能した。

 茶道歴6年の西里君は左利きのため、所作を少しアレンジし、自分に合った作法を習得。お茶会を終え、「今までで一番緊張した。普段落ち着きのない僕が、お茶を習い始めて落ち着くことができた。中学に進んでも続けたい」と感想。

 在日34年のエドワードさんは「お客さんの前で頑張ることができた。たくさんのステップを覚えるのは難しいが、日本文化が好きなので楽しい」とほっとした様子。

 最後は、2人の晴れ舞台を祝して教室からバラの花が贈られた。

関連記事

紀伊民報社

「川の参詣道」に新たな舟

 「川の参詣道」として世界遺産に登録されている熊野川を下る川舟が新たに製作され、24日に進水式があった。これまで使ってきた舟が老朽化する中、川舟を運航する新宮市の一般財団法人「熊野川町ふれあい公...

荘内日報社

五穀豊穣願い手植え 献饌田で「御田植祭」

 鶴岡市の出羽三山神社に奉納する米の「御田植祭」が24日、同市羽黒町玉川にある大鳥居そばの献饌田(けんせんでん)で行われた。同神社の巫女(みこ)や山伏が五穀豊穣(ほうじょう)を願い、田植えを行った。 ...

宇部日報社

初めてのまちなかフラワーフェスタ&緑化祭始まる

 第1回まちなかフラワーフェスタ&緑化祭が25日、宇部新天町名店街で始まり、花と緑で飾られたアーケード内は多くの人でにぎわっている。宇部新天町名店街協同組合(熊谷満之理事長)主催。市、宇部小野田...

ナタネと小麦 くっきり 帯広市拓成町 伊澤農場

 十勝管内のナタネ畑で花がほぼ満開となっている。黄色い花と、青々と伸びる小麦のコントラストが美しい景色をつくりだしている。  帯広市拓成町の「earth canvas 伊澤農場」(伊澤学代表...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク