全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄農高卒業式 志田さん 74年前の思い遂げる

 ♪国の大本農の業 学び修むる庄内の―。鶴岡市の県立庄内農業高校(青柳晴雄校長、生徒168人)の本年度卒業証書授与式が1日、同校で行われた。卒業生58人と共に校歌を声高らかに歌う同窓生の志田孝士さん(91)=鶴岡市堅苔沢=にとっても、74年前の思いを遂げる「特別な日」になった。

 卒業式では、志田さんが揮毫(きごう)し、瑞穂同窓会が同校に贈った校歌の額装(縦82センチ、横204センチ)がお披露目された。晴れの日を迎えた後輩たちをうれしそうに見つめる志田さんは、卒業式に出席できなかった戦時下の高校時代に思いをはせた。

 志田さんは同校(当時は県立庄内農学校)42期卒業生。終戦の年の1945(昭和20)年3月に卒業した。在学当時、志田さんは毎朝5時ごろに起きて、堅苔沢(当時は豊浦村)の自宅から五十川駅まで40分歩いて汽車通学していた。学校では勤労奉仕があり、歩いて月山の麓の川代山に下刈りに行ったことも。大変な時代だったが、3年間休むことはなかった。

 最後の登校日となる卒業式の当日、志田さんにとって忘れられない出来事が起こった。その日は汽車の乗車制限があり、「切符は20枚だけ。一緒にいた同級生は乗れたが、自分は乗せてもらえなかった。卒業式があることを駅員に告げても、家に戻るしかなかった」。後日、卒業証書は手元に届いたが、「皆勤だったので残念というか、何とも言えない思いだった」と当時を振り返る。

 志田さんは小学校教員を38年間務め、退職後は堅苔沢の自宅で昨年まで30年間、書道教室を開いていた。同窓会から揮毫の依頼があり、「私の家族は庄農一家でみんな校歌が歌えるのが自慢。喜んで一気に書いた」。したためた校歌には母校への熱い思いが込められている。

 卒業式に招かれ、卒業生と一緒に校歌を歌った志田さんは「卒業式に参加させてもらい、こんなにうれしいことはない。母校の生徒たちが立派で感激した」と晴れやかな表情で語った。

校歌の額装と揮毫した志田さん。卒業式でお披露目された

関連記事

新鮮野菜、首都圏へ空輸 JALと農総研が実証実験-新千歳

 日本航空(JAL)と農産物流通業の農業総合研究所(農総研、和歌山市)は21日、実証実験として新千歳空港の集荷場から北海道産農産物を東京へ初出荷した。道内で朝に収穫した野菜をその日の昼ごろに羽田...

荘内日報社

幽玄な舞がファン魅了

 酒田市松山地域に伝わる松山能(県指定無形民俗文化財)が20日夕、同地域の本町皇大神社(宮本正芳宮司)の神明神社能楽堂で奉納上演され、幽玄な舞が訪れた能楽ファンを魅了した。  松山能は350年以上の歴...

紀伊民報社

釣り銭取り忘れ注意 窃盗相次ぐ

 和歌山県警田辺署は、管内のセルフ給油所に、釣り銭の取り忘れや窃盗への注意を促すチラシを掲示している。管内では近年、給油所を利用した人の取り忘れた釣り銭が盗まれる被害が相次いでいて、今年はすでに...

宇部日報社

病院の職員の子どもたちが職場訪問

 セントヒル病院(西嶋雋嘉院長)で20日、看護師などとして働く職員の子どもたちを招いた職場見学が行われた。参加した小学生30人は白衣に袖を通して院内を見学。親が働く姿も目にし、夜勤などもある仕事...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク