全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

NHK朝ドラが来年実現

 昭和を代表する作曲家・古関裕而さん(1909~1989年)と妻・金子(きんこ)さん(旧姓・内山、1912~1980年)をモデルにした物語「エール」が、来年4月から放送が始まるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)に決まり、28日、発表された。金子さんの出身地・豊橋市と、古関さんの出身地・福島県福島市が共に実現を目指して活動。豊橋市はこの日、喜びに包まれた。

 古関さんは、前回の東京五輪(1964年)で行進曲「オリンピック・マーチ」を制作しており、五輪イヤーの2020年を彩る朝ドラとなる。昭和時代に数々の名曲を生み出した作曲家と妻の波乱万丈の人生が描かれる。  全国高校野球選手権大会歌「栄冠は君に輝く」、阪神タイガース応援歌「六甲おろし」」などの代表曲がある古関さんは、生涯約5000曲を制作した。  豊橋市歌も手掛けており、同市は一昨年2月、市や市議会、商工会議所、金子さんの母校(市立高等女学校)となる県立豊橋東高校の同窓会など官民で「古関裕而さんと金子さんをテーマにしたNHK朝ドラ実現を願う会」を設立。福島市と共に署名集めやPRなどの活動を実施していた。  両市は、東京五輪が行われる20年の放送とともに、朝ドラを東日本大震災の被災地の一つになった福島市の復興のシンボルにもする目的で実現を目指してきた。  一昨年10月には、両市の市長、経済団体の代表者らが15万8470人の署名簿(豊橋市7万5067人、福島市8万3043人)と提案書をNHKに提出。一方で、両市のまつりを通じた商工会議所青年部同士の交流も進んだ。  願う会の設立からちょうど2年の28日、朗報が届いた豊橋市では、市役所1階に朝ドラ決定を知らせる横断幕を掲げ、関係者が万歳三唱をして喜び合った。  会長を務める佐藤元英豊橋商工会議所副会頭は「豊橋、福島から日本中にエールを送れるよう、ますます豊橋を盛り上げたい」と話し、「ようやく(朝ドラが)きた。このチャンスに豊橋を広く知らしめたい」と意気込む。  佐原光一市長は「豊橋で生まれた金子さんを取り上げてもらおうと、市民挙げての運動で頑張ってきた。応えてくれた市民に感謝。金子さんを通じてこのまちの歴史、人間性が伝われば」と述べ、「豊橋の話題をたくさん取り上げてもらえるように」と期待を込めた。  金子さんについて調査するなど、市役所勤務時代、実現に奔走した豊橋観光コンベンション協会の豊田達也さんも「感無量。昨年秋からこの日を待っていた」と喜んだ。

 金子さんについて

 現在の豊橋市小池町付近で生まれ、市立高等女学校を1928(昭和3)年に卒業。2年後の30年1月、古関さんが国際作曲コンクールで入賞した記事が新聞に掲載され、これを見て感激、手紙を書いた後、文通を3カ月ほど続けた。2人の思いは膨らみ、その年に結婚と“スピード婚”だった。  学生時代からオペラ歌手を目指しており、結婚後も声楽を学んでいた。絵画や詩の創作などにも意欲的で、芸術全般を愛したという。

関連記事

長野日報社

芳香シクラメン直売 駒ケ根の信州ナーセリー

 鉢花を生産する駒ケ根市南割の「信州ナーセリー」は13日から、「シクラメンの香りフェア」と銘打った直売イベントを始めた。大鉢のシクラメンと、出荷最盛期を迎えた小ぶりなガーデンシクラメンを販売。...

荘内日報社

「庄内柿」香港に向け出荷

 酒田市のJAそでうら(五十嵐良弥組合長)が庄内柿を酒田港から香港に輸出することになり、トラック積み込み作業が12日、同市坂野辺新田の同JA選果場で行われた。市産業振興まちづくりセンター(サンロク)...

釧路新聞社

イワシを使った「ふるさと給食」【厚岸】

厚岸に水揚げされたイワシを使った「ふるさと給食」が12日、町内全小、中学校で振る舞われ、児童生徒らが地元の味に舌鼓を打った。厚岸漁協(川崎一好組合長)が子供たちに地場の魚介類を味わってほしいと無...

紀伊民報社

水槽内も「芸術の秋」 エビとカニの水族館

 和歌山県すさみ町江住のエビとカニの水族館は、「芸術の秋~飼育員が選ぶ海の芸術賞~」と題した特別展を開いている。「色・形がさまざまで美しいで賞」「細くてかっこいいで賞」などのユニークな賞を設定。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク