全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

英語でアイヌ民族入門書 釧路短大生が制作

アイヌ民族の入門書製作に携わった(右から)千坂さん、鈴木さん、岩松講師

 釧路短期大学の学生が、アイヌ民族の歴史や文化を題材にした英訳付きの入門書「Let’s say〝Irankarapte!〟in Hokkaido.」を制作した。外国人観光客に分かりやすく紹介できるよう英語と日本語を見開きで掲載した。200部を管内の小中高校や観光施設などに配っており、学生たちは「アイヌ民族との共生を考えるきっかけになり、さらに海外に向けて発信できれば」と期待を寄せる。

 制作者は、同大の岩松恵専任講師の実用英語ゼミに所属する、千坂ありささん(20)、鈴木桃花さん(20)、千葉穂花さん(20)さん、大山明日香さん(36)。ゼミ生らは2017年に幣舞橋周辺の観光スポットや飲食店を案内する英語のガイド本を発行、千坂さんらは昨年の改訂を手掛けた。海外からのクルーズ船入港時に、外国人観光客に日本文化を紹介するボランティアも行い、国際交流に積極的に取り組んでいる。

 アイヌ民族を題材にした入門書の制作は、外国人観光客から歴史や文化について尋ねられた時に、十分な知識がなく答えられなかったことがきっかけ。日本人がアイヌ民族を理解して外国人に説明できるように、和英対訳版を採用した。

 アイヌ民族初の国会議員、萱野茂氏の出身地・日高管内平取町二風谷や阿寒湖アイヌコタン(集落)などでの現地取材を重ねた。北海道アイヌ協会をはじめ道内の各協会などの指導も受けて、約1年を費やし完成させた。英語訳はネイティブスピーカーの協力を得て表現を整えた。

 A5判76㌻で、全17編。アイヌ民族と和人の衝突や明治政府による同化政策、尊厳確立へ向けた近年の動きなどの歴史のほか、あらゆるものに神(カムイ)が宿るとして敬い、自然に感謝し共存するアイヌ民族の考え方も記述している。祈りの儀式や伝統的な食事などの暮らしぶりや、簡単な日常会話の説明も盛り込んだ。  中心メンバーの千坂さんは「歴史や文化を紹介するためには、まずは自分たちが知ることが大切。理解を深めるために活用してほしい」と話している。入門書は、同大学のホームページからダウンロードできる。

関連記事

感謝の思い胸に 小学校卒業式 帯広

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている...

長野日報社

甲信の縄文“魅力発信” 茅野で初フェス

 八ケ岳周辺がエリアの日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の活用に取り組む甲信縄文文化発信・活性化協議会は21日、初の「甲信縄文フェスティバル」を茅野市の茅野市民館で開いた。日本遺産を構成する...

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運  蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク