全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

雪解け水で身を清め「卒業禊」

身を切るような冷たさの奔流に耐える卒業生たち

 出羽三山神社神職養成所(鶴岡市羽黒町手向)の「卒業禊(みそぎ)」が20日、羽黒山中の祓(はらい)川で行われた。神職として巣立つ卒業生が奔(ほん)流の中で身を清め、2年間の修行を締めくくった。

 同神社は古くから神職の養成に取り組み、1962年からは神社本庁承認の養成所を開設。神職の専門知識を学ぶとともに山伏修行にも取り組む。今回卒業するのは、北海道や岩手県、宮城県出身の20―40歳の男女4人。

 青空も見える穏やかな天候となったこの日は午前7時すぎ、教官らと共に男性は下帯姿、女性は白装束姿で国宝・五重塔近くの祓川に到着。船をこぐような所作の「鳥船行事」で「エイホー、エイホー」と独特の掛け声を発しながら気合を入れた後、雪解け水で増水した冷水の中へ。

 肩まで漬かる流れの中、互いの体を支え合いながら一心不乱に祈りをささげていた。無事に終え、5分ほどで川から上がると全身が真っ赤に染まっていた。

 先頭で竹の梵天を支えた花坂成紀さん(28)=宮城県宮古市=は、「体の感覚がなくなるような冷たさ。無事に終え、すがすがしい気持ち。引き続き、出羽三山神社に神職として残り、人脈を広げ、修行を深めたい」と話していた。

関連記事

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

長野日報社

能舞台で聴衆魅了 辰野で初の「音楽祭」多彩に

 長野県上伊那郡辰野町と住民が協働で展開する「日本のど真ん中」PRプロジェクトのイベント「能舞台de(で)音楽祭」は22日、同町川島のかやぶきの館の能舞台で開いた。プロの音楽家や地元中学生らが...

餃子づくりで日中親睦

 豊橋地区日中友好協会(鈴木道夫会長)は22日、「中国人留学生と餃子(ぎょうざ)を作る会」を豊橋市本郷地区市民館で開き、日中両国の友好を互いに深め合った。  同協会が毎年実施する恒例の友好事業...

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク