全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

被災地に植樹 目標本数を達成

災害現場の斜面に植樹する住民ら(田辺市伏菟野で)

 2011年9月の紀伊半島大水害で土砂災害に遭った和歌山県田辺市伏菟野の住民らが10日、被災地で植樹作業をした。「現場をサクラとモミジの名所にしよう」と毎年続けてきた活動も5回目を迎え、目標だったサクラ400本、モミジ150本を達成した。

 伏菟野地区は水害時、山の深層崩壊が起きて5人が亡くなるなど、大きな被害を受けた。
 植樹は、もともと紅葉がきれいだった現場をサクラとモミジの名所にしようと、地元の住民らでつくる「伏菟野の明日を考える会」(会長=宮永昌幸区長)などが2015年から毎年この時季に取り組んできた。
 この日は住民ら約40人が参加し、サクラ100本とモミジ80本を植樹。寒空の下、高さ2~3メートルの若木の根元に次々と土を掛けていった。作業後は、水害からの復興を目指して地元で栽培しているキクラゲ入りのおにぎりが振る舞われ、みんなで頰張った。
 畜産業の打越章介さん(70)は「こうしてみんなで集まって作業できるのはうれしい。春になってサクラの花が咲くのが楽しみ」と笑顔をみせた。
 目標本数に達したため、一斉での植樹は今回で一区切りにする予定。今後は、有志で補植していくという。
 災害当時の区長で、世話人の谷口順一さん(69)は「去年の春は、地区の外から花見に来てくれた人たちも何組かいた。今年はもっとたくさん来てくれると思う」と期待を込めた。宮永区長(67)は「今後はサクラまつりのようなイベントも開ければ」と話した。

関連記事

馬車BAR 夜の街 蹄の音に酔う 本運行を開始 帯広

 夜の帯広市内中心部を周遊する「馬車BAR」の本運行が、22日午後6時にスタートした。乗客は「パッカ、パッカ」という馬の蹄(ひづめ)の音を聞きながら、ビール片手に街の風景を楽しんだ。  十勝...

ミャークフツで思いはせ 歌や踊り、方言話で宮古一色 八重山在宮古郷友会

 第4回ユガイナミャークフツ(愉快な宮古方言)の夕べ(八重山在宮古郷友会主催)が21日夜、石垣市内のホテルで開催され、多くの郷友らが歌や踊り、方言話を通してルーツに思いをはせた。  宮古出身者と...

長野日報社

諏訪湖の竜宮丸 来年引退で27日から感謝イベント

亀の形で親しまれた諏訪湖の遊覧船「竜宮丸」(定員150人、77トン)が老朽化のため来年3月末で引退するのに伴い、運航事業者の諏訪湖観光汽船(諏訪市)は27日から感謝イベントを市湖岸通りの紅やマ...

田原に親子交流館

 渥美半島の玄関口、渥美線三河田原駅前の新たな交流拠点「LaLaGran(ララグラン)」で22日、親子交流館「すくっと」がオープンした。遊びや活動ができ、子育てに関する公共サービスを提供する場で、田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク