全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

活動集大成 学び成果披露

 文部科学省指定スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の県立鶴岡南高校(石川真澄校長)で7日、探究活動授業「鶴南ゼミ」の全体発表会があり、2年生による各研究の成果発表や、1年生のディベート大会が繰り広げられた。

 発表会はSSH事業の一環で、取り組みの発信の場や活動の集大成として毎年開催している。

 この日は1、2年生をはじめ、他校からのポスター発表者、各ゼミの指導者など合わせて約600人が参加。他校からの10班も含めて計74テーマのポスター発表と、7班のステージ発表のほか、今回初めて1年生によるクラス対抗のディベート大会決勝戦が行われた。

 このうち同校2年生のポスター発表では、地元に伝わる獅子踊りの起源と伝承を探る研究や、経験則の実験データに照らした分析など、仮説、根拠、考察を提示しながらさまざまなテーマで発表した。

 ディベート大会では「日本は積極的安楽死を法的に認めるべきか。是か非か」をテーマに実施。肯定側チームは「苦しみから解放されたいという患者の意思尊重」との観点で主張を展開。否定側は「導入に伴う医師などの負担増」「安楽死の意思を確認する基準のあいまいさ」などを挙げて立論。相手の論理の弱点を突いた反駁(はんばく)の応酬を繰り広げた。

ポスター発表で探究活動の成果を披露

関連記事

荘内日報社

7地域の味を地元出身者へ 来月上旬から「出羽ふるさと応援便」“出発” 出羽商..

 出羽商工会(本所・鶴岡市大山、上野隆一会長)は新型コロナウイルス対策で、管内7地域ごとの物産をセットにして送る「出羽ふるさと応援便」を来月上旬から実施する。地酒や漬物、お菓子、果物、海産物などを、...

幻想的アイヌの世界 屋外プロジェクション公開-白老・ウポポイ

 12日に開業する白老町のアイヌ文化発信拠点、民族共生象徴空間(ウポポイ)で9日、報道向けの内覧会が開かれた。夜間プログラムの屋外プロジェクションが初公開され、光輝く映像や音で迫力あるマッピング...

むかわ竜やホッピーの縫いぐるみをネット販売 CFで予約受け付け中-M D..

 むかわ地域商社「M Dino」(エムディノ、遠藤研二代表)は、穂別地区で発見されたハドロサウルス科の草食恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(むかわ竜)をイメージした縫いぐるみを制作した。当面...

没後50年 新たな日勝像 11日開幕 鹿追

 鹿追ゆかりの画家神田日勝(1937~70年)の没後50年回顧展「大地への筆触」が11日、神田日勝記念美術館(町東町3)で開幕する。同時代の作家の画風を吸収しながら独自の表現方法を追求し続けた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク