全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

最強寒気が襲来 帯広、正午でも氷点下10.5度

氷点下13度を示すJR帯広駅前の気温計

 北海道上空に観測史上最強の寒気が流れ込んだ8日、十勝地方は正午現在、上士幌町ぬかびら源泉郷で氷点下16度となるなど、19観測地点中、広尾(氷点下9.3度)を除く18地点で同10度を下回る記録的な寒さとなった。帯広は平年より7度低い同10.5度。9日はさらに冷え込み、帯広の予想最低気温は同23度で、陸別は同30度近くになる見込み。

 札幌管区気象台によると、8日午前9時に札幌の上空約1500メートルで、1957年の統計開始以来最も低い氷点下24.4度を観測した。

 同日正午時点までの帯広の最高気温は、午前0時1分に記録した氷点下7.3度で、その後気温は下降した。正午までの最高気温が最も低かったのは、ぬかびら源泉郷の同13.6度。最低気温は19地点中14地点で平年より高くなり、最も低かった陸別でも平年より0.1度高い同20.6度だった。

 帯広市内では日中、肌を刺すような寒さから身を守るため防寒対策をした市民が、白い息を吐きながら歩く姿が見られた。9日は最高気温も上がらず、帯広は同8度の予想。

関連記事

豊橋市民病院の手術センター棟が完成

 豊橋市民病院で21日、手術センター棟の完工式が開かれた。外科手術とカテーテル治療が同時にできる「ハイブリッド手術室」と、内視鏡手術室の計3室を増設、より高度で安全な医療ができるようになった。緊急手...

紀伊民報社

「木」主題に本を展示 「木育キャラバン」にちなみ

 和歌山県田辺市新庄町のビッグ・ユー内にある県立紀南図書館は館内入り口近くで、「木」を主題に自然に関する本を集めた展示をしている。23、24日にビッグ・ユーで開かれる催し「木育キャラバン」(実行...

荘内日報社

荘内病院へ医師派遣支援

 山形大医学部や関連病院会、県医師会などで構成する蔵王協議会(会長・嘉山孝正山形大医学部参与)は20日、鶴岡市立荘内病院(三科武院長)の要望に応え、同病院の呼吸器内科、循環器内科の2科へ医師を派遣する...

宇部日報社

米の高校生4人、小野田工高で柔道交流

 米国ワシントン州ケント市の高校生4人が、18~20日の日程で山陽小野田市の小野田工高を訪れ、授業や柔道練習で交流を深めた。生徒たちは再会を誓い合っていた。  全国高等学校体育連盟柔道専門部が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク