全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「ピクニック」一区切り 帯広市中心部で20年 3月20日閉店

 帯広市内のとかちプラザ内にあるエスプレッソ カフェ・バール「Pic Nic(ピクニック)」(鈴木勇夫代表)が3月に閉店し、前身を含め20年以上になる歴史の幕をいったん閉じる。経営する鈴木代表(72)と厨房(ちゅうぼう)に立つ妻妙子さん(62)は体調不良のため閉店を決意したが、今後は2人でリハビリに専念し、店の復活を目指す。

(右から)鈴木代表と妻妙子さんは二人三脚でリハビリし、店の復活を目指す

 帯広出身の鈴木代表は、東京都内新橋の第一ホテル(現阪急阪神第一ホテルグループ)の支配人を務めた後、1998年に、市内西2南10にカフェを開店した。

 当時、女性が気軽にコーヒーを楽しめるカフェが少なかった市内で、女性客からの支持を集めた。「学生の財布にも優しく」と店内のメニューは1000円以下のものが多い。現店舗のとかちプラザには2008年に移転した。

 開店時からの看板メニュー「パニーニ」は当初チーズや野菜を使ったものなど10種程度だったが、今では2倍近くにまでメニューが充実。鈴木代表がホテル勤務時代に出張で訪れたヨーロッパ各地のカフェを参考に、「メニューは私が妻にイメージを伝え作ってもらってきた。ヨーロッパのカフェメニューを一つずつ再現してくれた」と話す。

 鈴木代表と、17年に逝去した母ひさ子さんの看病に忙しくしてきた妙子さんが昨年9月に体調を崩した際、2人で今後の店について話し合ったという。「妻にはここ数年苦労を掛けてしまった。ただお店を復活させるために、お別れ会などは開かないと決めた」と鈴木代表。

 それでも「ここまで来られたのはお客さまのおかげ。2人で病気を克服し、同級生たちが集まってくるこぢんまりとした店になって戻ってきたい」と前を向く。

 店の最終営業日は3月20日。

関連記事

長野日報社

出征兵の日章旗 駒ケ根に74年ぶり帰郷

 長野県駒ケ根市出身で、太平洋戦争中に中国で戦死した櫛田正一さん=享年36歳=が身に着けていた日章旗が、74年ぶりに同市下平に住む長女の正子さん(80)に返還された。22日に市役所でセレモニー...

鈴鹿8耐レース出場を報告

豊橋市長を表敬訪問  オートバイレースの真夏の祭典「鈴鹿8耐久ロードレース」(28日)に、豊橋市の4輪・2輪車の部品メーカー武蔵精密工業がスポンサーを務めるレーシングチーム「ムサシRTハルク...

荘内日報社

鶴岡・5商店街連携 ツナガル夏まつり

 鶴岡市の中心市街地の5つの商店街が連携した「商店街連携ツナガル夏まつり」が20日夜、連続する山王、銀座、南銀座の3つの通りの約1・2㌔区間を歩行者天国にして行われた。さまざまな飲食の販売や多彩なイベン...

紀伊民報社

メッセージ花火とキャンドル 白良浜の夜彩る

 和歌山県白浜町の白良浜で20日夜、夏恒例のイベント「キャンドルイルミネーション」と「メッセージ花火」があった。ろうそくを立てた紙袋が砂浜に並ぶ中、大切な人への思いが込められたメッセージとともに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク