全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「ピクニック」一区切り 帯広市中心部で20年 3月20日閉店

 帯広市内のとかちプラザ内にあるエスプレッソ カフェ・バール「Pic Nic(ピクニック)」(鈴木勇夫代表)が3月に閉店し、前身を含め20年以上になる歴史の幕をいったん閉じる。経営する鈴木代表(72)と厨房(ちゅうぼう)に立つ妻妙子さん(62)は体調不良のため閉店を決意したが、今後は2人でリハビリに専念し、店の復活を目指す。

(右から)鈴木代表と妻妙子さんは二人三脚でリハビリし、店の復活を目指す

 帯広出身の鈴木代表は、東京都内新橋の第一ホテル(現阪急阪神第一ホテルグループ)の支配人を務めた後、1998年に、市内西2南10にカフェを開店した。

 当時、女性が気軽にコーヒーを楽しめるカフェが少なかった市内で、女性客からの支持を集めた。「学生の財布にも優しく」と店内のメニューは1000円以下のものが多い。現店舗のとかちプラザには2008年に移転した。

 開店時からの看板メニュー「パニーニ」は当初チーズや野菜を使ったものなど10種程度だったが、今では2倍近くにまでメニューが充実。鈴木代表がホテル勤務時代に出張で訪れたヨーロッパ各地のカフェを参考に、「メニューは私が妻にイメージを伝え作ってもらってきた。ヨーロッパのカフェメニューを一つずつ再現してくれた」と話す。

 鈴木代表と、17年に逝去した母ひさ子さんの看病に忙しくしてきた妙子さんが昨年9月に体調を崩した際、2人で今後の店について話し合ったという。「妻にはここ数年苦労を掛けてしまった。ただお店を復活させるために、お別れ会などは開かないと決めた」と鈴木代表。

 それでも「ここまで来られたのはお客さまのおかげ。2人で病気を克服し、同級生たちが集まってくるこぢんまりとした店になって戻ってきたい」と前を向く。

 店の最終営業日は3月20日。

関連記事

豊橋市民病院の手術センター棟が完成

 豊橋市民病院で21日、手術センター棟の完工式が開かれた。外科手術とカテーテル治療が同時にできる「ハイブリッド手術室」と、内視鏡手術室の計3室を増設、より高度で安全な医療ができるようになった。緊急手...

紀伊民報社

「木」主題に本を展示 「木育キャラバン」にちなみ

 和歌山県田辺市新庄町のビッグ・ユー内にある県立紀南図書館は館内入り口近くで、「木」を主題に自然に関する本を集めた展示をしている。23、24日にビッグ・ユーで開かれる催し「木育キャラバン」(実行...

荘内日報社

荘内病院へ医師派遣支援

 山形大医学部や関連病院会、県医師会などで構成する蔵王協議会(会長・嘉山孝正山形大医学部参与)は20日、鶴岡市立荘内病院(三科武院長)の要望に応え、同病院の呼吸器内科、循環器内科の2科へ医師を派遣する...

宇部日報社

米の高校生4人、小野田工高で柔道交流

 米国ワシントン州ケント市の高校生4人が、18~20日の日程で山陽小野田市の小野田工高を訪れ、授業や柔道練習で交流を深めた。生徒たちは再会を誓い合っていた。  全国高等学校体育連盟柔道専門部が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク