全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「氷瀑」天然ライトブルー 茅野の小斉の湯

標高1250メートルの寒さが造り出した「小斉の湯」の氷瀑

 茅野市蓼科のビーナスライン沿いにある温泉施設「小斉の湯」の敷地内に今冬も大きな氷瀑がお目見えした。近くを流れる小斉川の湧き水を使った氷の造形。日差しを受けて幻想的なライトブルーが浮かび上がり、通り掛かるスキー客らの目を楽しませている。

 10年以上続く冬の演出。上流からパイプで水を引き、落差を利用して噴出させた水しぶきが、風で方向を変えながら徐々に凍り、雪が降り積もったりして成長した。パイプは2本設置され、大きい氷瀑は高さ約8メートル。今年は雨で崩れることもなく上々の出来という。

 小斉の湯の荻原高年社長(78)は「水に色を付けているか聞かれるが、天然そのままの色。近くに来たら見ていって」と話す。

 同湯は、ピラタス蓼科スノーリゾートの平日リフト1日券で無料で利用できる指定温泉になっている。

関連記事

長野日報社

出征兵の日章旗 駒ケ根に74年ぶり帰郷

 長野県駒ケ根市出身で、太平洋戦争中に中国で戦死した櫛田正一さん=享年36歳=が身に着けていた日章旗が、74年ぶりに同市下平に住む長女の正子さん(80)に返還された。22日に市役所でセレモニー...

鈴鹿8耐レース出場を報告

豊橋市長を表敬訪問  オートバイレースの真夏の祭典「鈴鹿8耐久ロードレース」(28日)に、豊橋市の4輪・2輪車の部品メーカー武蔵精密工業がスポンサーを務めるレーシングチーム「ムサシRTハルク...

荘内日報社

鶴岡・5商店街連携 ツナガル夏まつり

 鶴岡市の中心市街地の5つの商店街が連携した「商店街連携ツナガル夏まつり」が20日夜、連続する山王、銀座、南銀座の3つの通りの約1・2㌔区間を歩行者天国にして行われた。さまざまな飲食の販売や多彩なイベン...

紀伊民報社

メッセージ花火とキャンドル 白良浜の夜彩る

 和歌山県白浜町の白良浜で20日夜、夏恒例のイベント「キャンドルイルミネーション」と「メッセージ花火」があった。ろうそくを立てた紙袋が砂浜に並ぶ中、大切な人への思いが込められたメッセージとともに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク