全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

王祇祭 夜を徹して黒川能上演

 鶴岡市黒川地区に伝わる「黒川能」(国指定重要無形民俗文化財)の最大の神事「王祇祭」が1、2の両日、地区の鎮守・春日神社などで行われ、神の依(よ)り代を下ろした上、下の当屋では500年以上の歴史を持つ黒川能が夜通し演じられた。

 旧正月の神事で、春日神社から神の依り代「王祇祭」を上、下両座の当屋に下ろし、それぞれ1日夕から2日明け方まで能楽で供応する。今年の当屋頭人は上座が渡部俊美さん(78)=屋号・仁兵衛、上の山、下座が秋山武彌さん(75)=同・四五右衛門、小在家=が務め、上座が黒川上区公民館、下座が同中区公民館で行われた。

 このうち上座では、午後6時ごろから演能が始まった。地区の幼年の男児が演じる「大地踏」を釼持葉矢君(4)が務め、儀式能「式三番」に続いて、能の「絵馬」「船弁慶」、狂言の「末広」「柿山伏」など能5番、狂言4番が夜を徹して演じられた。

 会場には当屋の親類や地区住民をはじめ、県内外の黒川能ファンが訪れ、一貫目ろうそくがともる中、連綿と受け継がれてきた神事能の世界を堪能。佐藤榮作会長ら首都圏櫛引会の役員6人で訪れた埼玉県入間市の高橋栄子さん(65)=東荒屋出身=は「櫛引出身者として、一生のうち一度はしっかりと見ておかなければならないと思っていた。ふるさとの誇りでもある王祇祭の黒川能を見ることができ、いい経験なった」と話していた。

 2日は春日神社で、上座の能「絵馬」、下座の能「高砂」、両座立ち合いの「大地踏」、「式三番」の順に奉納された。

夜を徹し奉納上演された黒川能=1日夜、黒川上区公民館の上座(代表撮影)

関連記事

溶けない「マジック・アイス」

 本格的な夏に向け、豊橋市御園町の「パティスリー モリ」がオープン5周年の20日、「マジック・アイス」を新たに発売した。洋菓子では珍しい葛粉を使い、時間が経ってもポタポタと溶けないアイスで、森貴正...

荘内日報社

酒田南高女子生徒が“舞娘修業”に入門

 いずれも酒田市の「舞娘(まいこ)茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)と、酒田南高校(中原浩子校長)が締結した日本舞踊を中心とした伝統文化伝承、起業家精神を持つ人材の育成に関する協...

紀伊民報社

津波碑ウェブ地図に掲載 過去の教訓伝える

 和歌山県田辺市の津波被害を伝える石碑16基が19日、国土地理院のウェブ地図に掲載された。過去の被災場所を知らせ、教訓を周知する。全国48市区町村の碑が掲載されたが、県内は田辺市のみ。  国土地...

宇部日報社

トラフグの稚魚4万匹放流

 県水産研究センター内海研究部と県栽培漁業公社は19日、山口市の秋穂湾にトラフグの稚魚4万匹を放流した。    放流したフグは体長7㌢ほど。秋穂東の内海栽培漁業センターで採卵・ふ化させ、秋穂西の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク