全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

玉繭素材の「恋するお守り」 諏訪実高生が商品化

恋愛成就のお守り(中央)の商品化を進める諏訪実高の2年生

 諏訪実業高校(諏訪市)の2年生14人は、岡谷シルクを使い地域文化にちなんだお守りの商品化を進めている。蚕2匹が一つの繭を作る「玉繭」を素材に、夫婦関係にある神社にあやかり、恋愛成就と夫婦円満を願う「恋するお守り」。生徒たちは「神の通い路」の伝承もある諏訪湖の御神渡り出現にも期待し、製作に励む。

 同校のSPH事業の一環。まれにできる玉繭を知り、繭になっても一緒の2匹の蚕から恋物語を描き、商品化に着手した。手長神社(諏訪市)の宮坂清宮司から、同神社と足長神社が夫婦関係にあり、御神渡りは建御名方命が妻の八坂刀売命のもとへ向かう話も聞いた。

 お守り袋の生地は玉繭と普通の絹糸で織られた「シャンタン」。富士見産のカシスや諏訪湖畔のクワの実など5色で染め上げた。両神社の「内府」を納めて巻き、紐で結わえる巻物型を考案。玉繭の花飾りを付けるなど、アイデアを出し合い作業した。商品パンフレットや包装袋も作った。

 50個作り、1月下旬ごろ手長神社で1個500円で販売を予定する。講座リーダーで商業科の森本流星さん(16)は「学科を越えて協力し、地元産業の応援ができた。学んだ知識や経験が社会に出た時に役立てられれば」と手応えを感じる。小川淳子教諭は「分担し積極的に学習を進めていた」と生徒の取り組みを評価していた。

関連記事

宇部日報社

感謝弁当で恩師を接待

 山口県山陽小野田市の厚狭高(徳田充校長)総合家庭科3年生は17日、松花堂弁当を作り教職員38人に振る舞った。卒業を間近に控えた生徒による恒例行事で、授業で学んだ知識と技術で地元の食材と向き合い...

トムラウシ山野営指定地にトイレ増設 新得

 大雪山系トムラウシ山(2141メートル)の環境改善に取り組む「環境対策部会」(部会長・小西則幸新得山岳会長)の会合が15日、新得町役場庁舎で開かれた。来年度は野営指定地での携帯トイレブースを増設...

長野日報社

平穏祈り恵方に矢 長野県諏訪地方各地で「山の神祭」

 諏訪地方の各地で17日、山の安全や地域の無事平穏を祈る「山の神祭」があった。下諏訪町第三区は町内の国道142号沿いにある山の神社で行い、区役員や町内会長をはじめ区民約70人が参加。手作りの弓矢を...

紀伊民報社

昔話の小説に再注目 06年に自費出版

 2006年に自費出版された昔話のパロディー小説「むかしむかしから」が、一部の読者の間で「時代を先取りしていた」と静かな話題になっている。桃太郎や金太郎、浦島太郎ら昔話の登場人物が勢ぞろいしたテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク