全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

“魚介類の楽園づくり”に光

 「環境と社会によい暮らし」に関わる活動や取り組みを募集し紹介、表彰する環境省制定「第6回グッドライフアワード」で、海洋生物の保全活動に取り組んでいる酒田市のNPO法人・みなと研究会(守屋元志代表理事)の「シートベルトをコンブに見立てて魚介類の楽園に!」が実行委員会特別賞(サステナブルデザイン賞)を受けた。

 「みんなの力で社会は変わる!」「みんなの力が社会を変える!」を掲げるグッドライフアワードは、環境に優しい社会の実現を目指し、日本各地で実践されている「環境と社会によい暮らし」に関わる活動や取り組みを募集し紹介、表彰することで、より一層の活動の活性化を図ってもらうもの。環境省、アワードの趣旨に賛同する有識者による実行委員会(益田文和委員長)が審査している。

 長年にわたって海洋生物の観察・保全活動に取り組んでいる同法人は昨年、日本郵便「年賀寄付金配分事業」の助成を受け、山形県自動車販売店リサイクルセンター(山形市、遠藤榮次郎社長)と共に、廃車のシートベルトを海藻に見立て、魚介類の“楽園”となる「人工藻場」を製作。酒田北港内・水路に設置したところ、シートベルトにはカキなどの貝類が数多く付着しており、周囲ではアジやクロコ、ボラなど小魚の泳ぐ姿が確認された。この活動をまとめ、初めてグッドライフアワードに応募し、益田委員長が選定する「サステナブルデザイン賞」を受けた。

 先月17日に都内で行われた表彰式には出席できず後日、賞状を受け取った守屋代表理事は「水路内には海藻類がほとんどない。人工的に藻場を設置したことで小魚も集まり、魚介類の“楽園”になった。藻場は魚介類の産卵場所、幼・稚魚の保育場所となり、水産資源の保護、培養に重要な役割を果たす。海洋生物の増殖につながれば」と話した。

 一方、同法人は今年、やまがた社会貢献基金協働助成事業の一つ、日産プリンス山形「子どもから大人まで環境にやさしい社会づくり支援事業」の補助で、廃車シートベルトに藻の一種「アカモク(ギバサ)」の胞子を付着させた上で海中に設置、その増殖具合を調べる研究にも着手している。

魚介類の「楽園」づくりに向け、海藻に見立てた廃車シートベルトを海中に設置するみなと研究会役員たち=昨年7月

関連記事

紀伊民報社

ラグビーW杯 合宿のナミビア応援

 和歌山県上富田町朝来の上富田文化会館で22日、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に備えて同町で調整していたナミビア代表の1次リーグ初戦を応援するパブリックビューイング(PV)があった。試合...

荘内日報社

保育園児がせっけん作り  しな織の里・鶴岡市関川

 しな織の里・鶴岡市関川に隣接する木野俣の福栄保育園(五十嵐美智園長)で20日、シナノキの花を使用したせっけん作り体験が行われた。6月下旬にシナノキの花を摘み、乾燥などの作業を手伝った園児たちは、花を...

宇部日報社

山陽オート舞台裏探るツアーにファン歓喜【山陽小野田】

 産業観光バスツアー「山陽オートバックヤードを探る」は23日、山陽小野田市埴生の山陽オートレース場であり、全国から参加したオートファン22人がレースで使われる本物のバイクにまたがったり、走路内か...

秋の実り体感 幕別途別小の水田稲刈り

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童27人)で24日、学校水田の稲刈りが行われた。秋晴れの下、児童は立派に実った稲を次々と刈り取り、収穫の喜びを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク