全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

“魚介類の楽園づくり”に光

 「環境と社会によい暮らし」に関わる活動や取り組みを募集し紹介、表彰する環境省制定「第6回グッドライフアワード」で、海洋生物の保全活動に取り組んでいる酒田市のNPO法人・みなと研究会(守屋元志代表理事)の「シートベルトをコンブに見立てて魚介類の楽園に!」が実行委員会特別賞(サステナブルデザイン賞)を受けた。

 「みんなの力で社会は変わる!」「みんなの力が社会を変える!」を掲げるグッドライフアワードは、環境に優しい社会の実現を目指し、日本各地で実践されている「環境と社会によい暮らし」に関わる活動や取り組みを募集し紹介、表彰することで、より一層の活動の活性化を図ってもらうもの。環境省、アワードの趣旨に賛同する有識者による実行委員会(益田文和委員長)が審査している。

 長年にわたって海洋生物の観察・保全活動に取り組んでいる同法人は昨年、日本郵便「年賀寄付金配分事業」の助成を受け、山形県自動車販売店リサイクルセンター(山形市、遠藤榮次郎社長)と共に、廃車のシートベルトを海藻に見立て、魚介類の“楽園”となる「人工藻場」を製作。酒田北港内・水路に設置したところ、シートベルトにはカキなどの貝類が数多く付着しており、周囲ではアジやクロコ、ボラなど小魚の泳ぐ姿が確認された。この活動をまとめ、初めてグッドライフアワードに応募し、益田委員長が選定する「サステナブルデザイン賞」を受けた。

 先月17日に都内で行われた表彰式には出席できず後日、賞状を受け取った守屋代表理事は「水路内には海藻類がほとんどない。人工的に藻場を設置したことで小魚も集まり、魚介類の“楽園”になった。藻場は魚介類の産卵場所、幼・稚魚の保育場所となり、水産資源の保護、培養に重要な役割を果たす。海洋生物の増殖につながれば」と話した。

 一方、同法人は今年、やまがた社会貢献基金協働助成事業の一つ、日産プリンス山形「子どもから大人まで環境にやさしい社会づくり支援事業」の補助で、廃車シートベルトに藻の一種「アカモク(ギバサ)」の胞子を付着させた上で海中に設置、その増殖具合を調べる研究にも着手している。

魚介類の「楽園」づくりに向け、海藻に見立てた廃車シートベルトを海中に設置するみなと研究会役員たち=昨年7月

関連記事

溶けない「マジック・アイス」

 本格的な夏に向け、豊橋市御園町の「パティスリー モリ」がオープン5周年の20日、「マジック・アイス」を新たに発売した。洋菓子では珍しい葛粉を使い、時間が経ってもポタポタと溶けないアイスで、森貴正...

荘内日報社

酒田南高女子生徒が“舞娘修業”に入門

 いずれも酒田市の「舞娘(まいこ)茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)と、酒田南高校(中原浩子校長)が締結した日本舞踊を中心とした伝統文化伝承、起業家精神を持つ人材の育成に関する協...

紀伊民報社

津波碑ウェブ地図に掲載 過去の教訓伝える

 和歌山県田辺市の津波被害を伝える石碑16基が19日、国土地理院のウェブ地図に掲載された。過去の被災場所を知らせ、教訓を周知する。全国48市区町村の碑が掲載されたが、県内は田辺市のみ。  国土地...

宇部日報社

トラフグの稚魚4万匹放流

 県水産研究センター内海研究部と県栽培漁業公社は19日、山口市の秋穂湾にトラフグの稚魚4万匹を放流した。    放流したフグは体長7㌢ほど。秋穂東の内海栽培漁業センターで採卵・ふ化させ、秋穂西の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク