全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

オートレース場でリレーマラソン

一斉にスタートする第1走者(山陽オートレース場で)

 山口県山陽小野田市山陽商工会議所青年部(真利憲太朗会長)主催の寝太郎リレーマラソンが11日、山陽オートレース場で開かれた。仲間と協力してマラソンと同じ42・195キロを走り抜くスポーツイベントで、初めて開催。小学生から一般までの9部門に県内外から計76チームが出場し、完走を目指してたすきをつないだ。

 レース場の有効活用でまちの活性化につなげようと企画。コースは1周500メートルの走路をはじめ、競走車の検査場などオートレースの舞台裏も含んだ1周1・5キロで、28周でフルマラソンの距離となるように設定した。開会式では真利会長が「青空が晴れ渡る絶好のマラソン日和となった。通常はオートレーサーが活躍しているコースで、選手と同じ目線で楽しんでほしい。仲間や家族と絆を深め、思い出に残る大会にして」とあいさつした。

 出場したのは一般部門29チーム、女子部門1チーム、男女混合部門21チーム、小学生部門5チーム、中学生部門2チーム、ファミリー部門3チーム、職場仲間部門15チーム。高校生部門とマスターズ部門にはエントリーがなかった。全部門が一斉にスタートし、1周でたすきをつなぐチーム、1人で数周を走るチームなどリレー方式はさまざま。選手たちは疲れが増す中、必死にたすきをつないでいた。走路のメーンスタンド前では仲間からの大きな声援が響いた。表彰は総合の1~6位と各部門の1~3位。総合優勝したのは中学生部門に出場した、市内中学校の生徒で構成するチームブスカスで、タイムは2時間22分23秒。完走した74チームには完走証が贈られた。

関連記事

難失聴でもガイド楽しみたい おびひろ動物園でアプリや筆談体験会

 聞こえない人や聞こえにくい人でも、施設ガイドの説明を楽しみたい-。帯広市中途難失聴者協会(佐々木亜規子会長)は、音声をリアルタイムで文字化するアプリ「UDトーク」や筆談でガイドを楽しむ体験会を1...

荘内日報社

歴史と文化つなぐ26万6000点一括管理 酒田市文化資料館 光丘文庫オープン 「日..

 酒田市総合文化センターの旧中央図書館を活用して市が整備した市文化資料館光丘文庫(館長・金野洋和市文化政策調整監兼文化政策課長)が18日、オープンした。市立資料館、市立光丘文庫に加え、公文書館や埋蔵...

宇部日報社

小学校運動会、青空の下で全力疾走 見初小は地域と合同【宇部】

 宇部市内小学校のトップを切って18日、見初、神原、原、黒石の4校で運動会が行われた。雲一つなく初夏の日差しが照り付ける中、子どもたちは保護者や地域住民の前で練習の成果を披露した。  地域と...

長野日報社

「八幡屋礒五郎」と契約しトウガラシ栽培 シカ食害遭いにくく 長野県下諏訪町

長野県の下諏訪町農業技術者連絡協議会(農技連)は、トウガラシの製造・販売業「八幡屋礒五郎」(長野市)と契約を交わし、今年度から町内で新たにトウガラシの栽培に取り組む。17日は町内赤砂の畑で苗の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク