全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

オートレース場でリレーマラソン

一斉にスタートする第1走者(山陽オートレース場で)

 山口県山陽小野田市山陽商工会議所青年部(真利憲太朗会長)主催の寝太郎リレーマラソンが11日、山陽オートレース場で開かれた。仲間と協力してマラソンと同じ42・195キロを走り抜くスポーツイベントで、初めて開催。小学生から一般までの9部門に県内外から計76チームが出場し、完走を目指してたすきをつないだ。

 レース場の有効活用でまちの活性化につなげようと企画。コースは1周500メートルの走路をはじめ、競走車の検査場などオートレースの舞台裏も含んだ1周1・5キロで、28周でフルマラソンの距離となるように設定した。開会式では真利会長が「青空が晴れ渡る絶好のマラソン日和となった。通常はオートレーサーが活躍しているコースで、選手と同じ目線で楽しんでほしい。仲間や家族と絆を深め、思い出に残る大会にして」とあいさつした。

 出場したのは一般部門29チーム、女子部門1チーム、男女混合部門21チーム、小学生部門5チーム、中学生部門2チーム、ファミリー部門3チーム、職場仲間部門15チーム。高校生部門とマスターズ部門にはエントリーがなかった。全部門が一斉にスタートし、1周でたすきをつなぐチーム、1人で数周を走るチームなどリレー方式はさまざま。選手たちは疲れが増す中、必死にたすきをつないでいた。走路のメーンスタンド前では仲間からの大きな声援が響いた。表彰は総合の1~6位と各部門の1~3位。総合優勝したのは中学生部門に出場した、市内中学校の生徒で構成するチームブスカスで、タイムは2時間22分23秒。完走した74チームには完走証が贈られた。

関連記事

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

荘内日報社

地元役者 迫真の演技に拍手

 鶴岡市温海地域の戸沢地区に伝承されている「戸沢花胡蝶歌舞伎」の公演が16日、地元の戸沢自治公民館で行われた。地元住民ほか市内の児童館に通う小学生も観劇に訪れ、約70人の観客が地元役者の2時間にも及ぶ熱...

紀伊民報社

5日ぶりのにぎわい 台風一過の白良浜

 盆休み終盤の17日、台風一過で和歌山県白浜町の白良浜海水浴場は朝から、多くの海水浴客でにぎわった。台風接近により13~16日は遊泳禁止だったため、5日ぶりに真夏の光景に戻った。  白良浜ライ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク