全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「ジェリーアイス」商標登録 豊頃町「自由に使って」

豊頃町が商標登録した「ジュエリーアイス」。打ち上げの最盛期には数百人に上る観光客が詰め掛ける(大津海岸)

 十勝川河口に位置する豊頃町大津海岸に真冬に打ち上がる氷塊「ジュエリーアイス」が、29日までに商標登録されたことが分かった。町が「~氷の宝石~Jewelry Ice ジュエリーアイス」の商標で特許庁に出願し、16日付で登録された。

 町は2017年4月に出願したが、この時点で民間企業3社から出願があり、同年10月下旬までに町を含め、いずれも登録を認めない「拒絶」との審査結果が出た。

 町商工観光課は「ジュエリーアイスは町屈指の観光資源であり、以前から観光PRで活用していた実績もある」と主張し、意見書を同庁に提出して再審査を求めた。今年10月に審査合格に当たる「登録査定」を受け、登録手続きが進められていた。

 同課は「町の観光資源の呼称が、特定の企業に独占されることなく自由に使えるようになってほっとしている」としている。

 ジュエリーアイスの呼称の取り扱いについて、同課は「多方面でなるべく自由に使ってもらいたい」とする。また、町出身でジュエリーアイスの名付け親の浦島久さん(65)=帯広、英語学校ジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長=は「町の観光資源として町の商標登録が認められたことをうれしく思う。これからも多くの人にジュエリーアイスに親しんでもらい、さらに多くの人に広がれば」と喜んでいる。

関連記事

荘内日報社

ベニバナのドライフラワー贈り交流 宮城県村田二中 修学旅行で酒田・山居倉庫..

 宮城県村田町の村田第二中学校(松﨑恵子校長)の3年生22人が27日、酒田市の国指定史跡・山居倉庫を訪問、生徒自ら栽培した町特産「ベニバナ」のドライフラワーを山居倉庫夢の倶楽を運営する酒田観光物産協会(...

紀伊民報社

熊野古道「潮見峠越」で道普請 有機栽培の農家グループ

 有機栽培に取り組む和歌山県田辺市の農家グループ「田辺印の会」(前田謙会長)が27日、市内にある世界遺産・熊野古道の「潮見峠越」で道普請をした。  会は2008年創立。農家14戸が計16ヘクター...

「伝泊」がグッドデザイン金賞 「島の自然と対話」がコンセプト 地域資源の..

 奄美イノベーション(山下保博代表)が運営する鹿児島県奄美市笠利町の高級リゾート宿泊施設「伝泊 The Beachfront MIJORA」がこのほど、2021年度グッドデザイン金賞(日本デザイ...

サウナから然別湖へダイブ 特殊テント導入 鹿追ホテル風水

 然別湖畔温泉ホテル風水(鹿追町然別湖畔)は、湖畔でアウトドアサウナを実施している。特殊テントでフィンランド式のサウナを楽しめ、水風呂代わりにテントから直接然別湖に入ることもできる。同ホテルの営業...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク