全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

クルマエビのうま味濃縮のたれ開発

新商品のたれをPRする渡壁代表(道の駅あいおで)

 山口市秋穂二島でエビ加工業を手掛ける山世水産(渡壁寛治代表)は、クルマエビの豊かな風味を味わえるたれ「山口の恵・車えびみそ漬けの雫(しずく)」を新たに開発。29日から道の駅あいおで販売を始めた。28日に同駅でお披露目会を開き、地元住民らにたれを用いた料理を振る舞った。  同社の定番商品「車海老の味噌漬け」の製造過程で発生するドリップ液を煮詰め、エビの風味を増した全国でも類を見ないたれ。  国産のクルマエビを使用しており、たれにも微細な身や殻が含まれている。県産業技術センターで分析した結果、クルマエビに特徴的なアミノ酸が含まれ、うま味やこくが強いことも判明した。  ドリップ液はこれまで廃棄していたが、2年前に渡壁代表が商工会に相談。当時、地域おこし協力隊として活動していた西倉慎顕さんからアドバイスを受けながら、試行錯誤を重ねて完成させた。  渡壁代表は「和食でも洋食でも、どんな素材にも合う。たれを利用して新たな郷土料理が生まれれば」と思いを語った。  約5000匹、およそ100キロのクルマエビから35本分しか製造できない貴重なたれで、今年は約100本を生産。来年は年間300本を目指している。1本190グラムで、価格は972円(税込み)。

関連記事

荘内日報社

ベニバナのドライフラワー贈り交流 宮城県村田二中 修学旅行で酒田・山居倉庫..

 宮城県村田町の村田第二中学校(松﨑恵子校長)の3年生22人が27日、酒田市の国指定史跡・山居倉庫を訪問、生徒自ら栽培した町特産「ベニバナ」のドライフラワーを山居倉庫夢の倶楽を運営する酒田観光物産協会(...

紀伊民報社

熊野古道「潮見峠越」で道普請 有機栽培の農家グループ

 有機栽培に取り組む和歌山県田辺市の農家グループ「田辺印の会」(前田謙会長)が27日、市内にある世界遺産・熊野古道の「潮見峠越」で道普請をした。  会は2008年創立。農家14戸が計16ヘクター...

「伝泊」がグッドデザイン金賞 「島の自然と対話」がコンセプト 地域資源の..

 奄美イノベーション(山下保博代表)が運営する鹿児島県奄美市笠利町の高級リゾート宿泊施設「伝泊 The Beachfront MIJORA」がこのほど、2021年度グッドデザイン金賞(日本デザイ...

サウナから然別湖へダイブ 特殊テント導入 鹿追ホテル風水

 然別湖畔温泉ホテル風水(鹿追町然別湖畔)は、湖畔でアウトドアサウナを実施している。特殊テントでフィンランド式のサウナを楽しめ、水風呂代わりにテントから直接然別湖に入ることもできる。同ホテルの営業...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク