全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

小学3年生の鈴木さん作曲家デビュー

 豊橋市在住の鈴木美音(みお)さん(同市立羽根井小3年)が、10月末に小学館から発売したぴっかぴかえほんシリーズ「ぼくたちのうた」(山﨑優子・作)で作曲家デビューを果たした。同絵本の巻末に、絵本を元に鈴木さんが書き下ろした曲を掲載しているもので、美音さんは「こんなにきれいな絵に曲をつけさせてもらい、イメージ通りの曲が出来てとてもうれしい。たくさんの人に絵本を見て、私が作曲した曲を聴いてほしい」と話している。

 5歳からピアノを、6歳から音楽家として活動する父・直己さんから作曲の手ほどきも受けている美音さん。これまでに数々のコンクールで受賞を重ねている。今回、小学館からの依頼を受け、絵本からインスピレーションを受けた曲を作り、自ら演奏も手掛けた。  「絵本を見てそのイメージで曲を作ってほしいと言われた時、とてもびっくりした。私にできるかなぁと心配になったが、すぐにやってみたい気持ちに変わった」という美音さん。絵本は、四季折々の自然から聞こえてくる音楽を優しく温かみある絵で美しく綴ったもので、美音さんは8月上旬に原画を見て、すぐに頭の中にメロディーが浮かび、五線紙を置いて書き始めたという。おおよそのメロディーは20分ほどで書き上げ、その後2週間ほどでハーモニーなど細かく修正、8月末に清書を完成させた。  仕上がりには満足しているというが、「自分が書いた楽譜が載っている絵本がお店に並んでいる風景は不思議な感じがして、まだはっきり実感がわかない」そう。美音さんが自ら演奏した瑞々しい音楽は、ネットで「ぴっかぴかえほん」「小学館キッズチャンネル」と検索すればダウンロードして聴くことができるという。 15日午後6時半ごろからNHK情報番組「まるっと」に生中継で6分ほど出演するほか、23日と12月8日には市内で「ほのぼの音楽会」に出演、12月15日には精文館書店三ノ輪店で「えほん音楽会」も開く予定。

関連記事

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

恐竜フェスタ にぎわう AR、VRで むかわ竜再現 記念撮影に長い列

むかわ町が恐竜を前面に出してまちをアピールするイベント「恐竜フェスタ」が4、5両日、同町道の駅「四季の館」をメイン会場に開かれた。AR(拡張現実)技術を使い、スマートフォンの画面で「カムイサウルス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク