全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

装置の実験開始 大樹のIST3号機

実験後に装置を確認するISTの社員

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は13日午後、大樹町浜大樹の実験場で高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の打ち上げに向けて、姿勢制御装置の実験を開始した。2号機の失敗の原因となった同装置の燃焼ガス噴射構造を改良。温度上昇を抑えて不具合を起きにくくし、この日の実験では約5秒間、燃焼ガスを噴出した。同実験は16日ごろまで行う予定。

 6月30日に同実験場から打ち上げた2号機は、発射後4秒で推力を失い、そのまま落下、炎上した。姿勢制御装置の燃焼温度が異常に上がり、配管を破損したことが原因だった。

 2号機では実際の機体と実験時で配管の構造が異なっていたため、今回の実験は3号機に搭載するのと同じ配管構造とし、性能をチェックする。燃料のエタノールと液体酸素を燃焼ガスとして噴出した。

 初日は20秒ほどの燃焼を予定していたが、ガスの温度が低く、5秒ほどで緊急停止させた。ただ、同装置の燃焼ガス噴射系統を担当するエンジニアの遠藤瞳さん(27)は「供給圧力の調整などが必要だが、装置自体は作動し、データは取得できた」と話していた。今後は130秒まで燃焼実験を行う予定。

 ISTによると、今月末ごろから機体を立てた状態で「縦吹き」燃焼実験を行い、打ち上げへの準備を進めていく。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク