全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

芽室の岡田成人さん徒歩で日本縦断中

宗谷岬から沖縄波照間島・高那岬まで徒歩で日本縦断の旅を続ける岡田さん(熊本県水俣市)

 元帯広市職員の岡田成人さん(54)=芽室町在住=が徒歩で日本縦断の旅を続けている。7月に市役所を早期退職し、沖縄県でミニホテルの開業に向け準備を進める岡田さんは、自分の足で歩くことで北海道から沖縄の距離を実感しようと徒歩の旅を決意。同15日に宗谷岬を出発し、日本最南端の有人島波照間島(はてるまじま)・高那岬を目指している。「今回の旅は、安定的な大きな組織から離れ、自立して事業を行っていく上での大きな自信となる」と話している。

 岡田さんは芽室町生まれ。帯広三条高、中央大を卒業し、帯広市役所では議会事務局、障害福祉課、住宅課などを経て川西支所長で退職した。もともとは定年退職後に北海道と沖縄の2地域居住をするために沖縄県本部町に土地を購入していたが、個人で住むには広く、立地もいいことから周囲にホテル建設を勧められ、早期退職の道を選んだ。

 「25歳までは社会に育ててもらい、50歳までは社会のために働き、それ以降は、自分に合った好きなこと(社会と関わりを持った)をすべきである」とする、元立命館総長の末川博氏の「人生3分論」の考えに共鳴したことも大きいという。

 これまで17都道府県を通過し、11日現在の累計移動距離は2739キロ。徒歩の旅では猛暑やゲリラ豪雨に加え、台風に何度も見舞われ予定変更を余儀なくされることも。ゴール目前の今月上旬には足を故障し、鹿児島県霧島市で3日間静養した。ウオーキングシューズは現在3足目、出発時と比べ体重は約6キロ減少した。

 苦しいことも多い旅の中でも「日本の美しい光景を何十回ともなく見られたこと」が財産となっている。「その土地のおいしい物を食べ、いろいろな温泉に入り、いろいろな人に出会える。日本の端から端までを、自分の足で歩いたという線でつなげられることが楽しみ」と話す。

 順調にいけば14日に佐多岬、24日ごろに高那岬に到達するという。旅の様子はブログ「日本北から南へぶらぶら歩き旅」で紹介している。

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク