全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

慰問16年 退職教員協の演芸班「とたっき座」最終公演 十勝

最後の慰問公演で手品を披露する井上座長

 十勝退職教職員協議会(川本征三会長)の会員による芸能グループ「とたっき座」(井上忠正座長、座員6人)が8日、音更町柏寿協会(野村泰司理事長)での慰問公演を最後に、16年間の活動にピリオドを打った。

 とたっき座は、踊りや手品などの特技を生かし、子どもからお年寄りまで多くの人に演芸を楽しんでもらおうと、会員6人で2002年7月に旗上げ。会の名称は「十勝」「退職」「教職員」の頭文字が由来。

 芽室町の特別養護老人ホームで第1回の公演を行って以来、管内の保育施設や福祉施設などで慰問公演を続けてきた。今回、会員の高齢化を理由に、50回目の慰問公演を活動の締めくくりとした。

 この日は井上座長ら4人の座員と事務局員、同協議会会員らが柏寿協会を訪問。地域交流ホールに約160人の利用者や職員が集まる中、井上座長(85)が手品、菊地績さん(81)がウクレレ漫談、加藤登さん(67)=ギター=と中村和弘さん(63)=オカリナ=の2人が演奏を披露し、利用者を楽しませた。最後は利用者と一緒に「365歩のマーチ」を歌い、公演を終えた。

 利用者の土田八重子さん(80)は「夢のような時間でとても楽しかった」と笑顔。井上座長は「解散は残念だが、皆さんに喜んでもらおうと社会貢献のつもりで活動してきたので満足」と振り返った。

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク