全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

県内初の女性杜氏が新商品

新商品を手に笑顔の新谷さん(すずめ亭で)

 山口市徳地堀の酒蔵、新谷酒造(新谷義直社長)を切り盛りする県内初の女性杜氏(とうじ)、新谷文子さん(40)が7日、新商品の純米吟醸酒「わかむすめ Bunbun」を発表した。  文子さんは大歳出身。2004年、新谷社長との結婚を機に徳地に移り住み、子育てと看護師の仕事を両立させながら夫のサポート役を務めてきた。16年から本格的に酒造りに携わり、麹(こうじ)づくりや生産工程の見直しを行うなど新しい風を吹き込んだ。今秋から全責任を負う杜氏を任されている。  「新たな一歩を踏みだそうとしている女性の背中を押す商品」をテーマに製造された日本酒。通常3週間程度の発酵期間を約1カ月まで延ばし、低温でじっくりと発酵させた。雑味が少なく、米のうま味が最大限に引き出された深みのある味わいが特徴。ラベルには文子さんと飼い猫が描かれており、ひときわ目を引く愛らしいデザインとなっている。  同日、中河原のレンタルスペース「すずめ亭」でお披露目会が開かれ、関係者ら約30人が出来たての新商品を味わった。文子さんは「品質の向上を図り、販路拡大やブランド力の向上に努めていきたい」と決意を語った。  すべて720ミリリットル瓶で、「おりがらみ」1730円(税抜き)、21日から「無濾過生原酒」1730円(同)、「瓶燗火入れ1回」1650円(同)の3種類(各400本限定)を県内の酒販店や同酒造で販売する。

関連記事

ゴルフ場は青々 スキー場やきもき 十勝の初雪遅れ

 11月中旬になっても帯広に初雪の便りが届かず、気温が高めに推移するなど、十勝は暖冬傾向となっている。雪と寒さが不可欠のスキー場は一刻も早い白銀の世界到来を切望。一方、青々とした芝生が健在のゴル...

石垣島の海岸環境調査 野底で沖国大と沖大学生

 沖縄国際大学地域環境政策学科と沖縄大学の学生計5人が16~18日、県のおきなわアジェンダ21提案公募型普及啓発事業の助成を受け、石垣島の海岸環境の状況や環境汚染に対する地域の取り組みなどについて学...

長野日報社

松本山雅がJ2初優勝 4年ぶりJ1昇格

 サッカー明治安田J2リーグ最終第42節の松本山雅FC―徳島ヴォルティス戦は17日、松本市のサンプロアルウィンで行われた。松本山雅は0―0で引き分け、勝ち点は77。2位の大分トリニータが試合終了...

豊橋で2台同時に走らせる自動運転実証実験

 自動運転サービスの実現を目指している愛知県は17日、運転席が無人で遠隔監視・操作が可能な車両を2台同時に走らせる実証実験を豊橋総合動植物公園で始めた。同園のような園内の移動車両、過疎地や高齢化が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク