全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

高校生が伝統のゆうれい寿司作り

かやく寿司の上に桜でんぶを振るう生徒(宇部西高で)

 宇部西高(水田浩史校長)で10日、吉部地区に伝わる伝統料理「ゆうれい寿司(ずし)」の体験講座が開かれた。3年生17人が参加。かやく寿司に白寿司を重ね、ユズの香りが利いた計40人分の押し寿司を作り上げた。 若い世代に農業や農村の知恵、技を伝授しようと、山口県宇部市の生活改善実行グループ連絡協議会(志賀ツヤ子会長)が、2012年度から同校で年3回、出前講座を実施。従来のみそ造りに替え、今回初めてゆうれい寿司を取り上げた。12月にはしめ縄、来年1月にはそば打ちの実習を予定している。この日は、楠地区生活改善実行グループ連絡協議会の井上清美代会長と、千々松和子さんの2人が指導した。井上会長は家で収穫したばかりの「ひとめぼれ」を提供。ご飯やニンジン、ゴボウ、シイタケなどの具は事前に準備した。生徒たちは寿司枠にバショウの葉を敷いて、かやく寿司を入れ、高さが均等になるよう押さえた。この上にシイタケ、錦糸卵、桜でんぶを置き、白寿司を載せて再びバショウの葉を置いてふた。重しをして15~20分待ち、枠を抜いて切り分けた。切る際は爪ようじを目印に立て、木の定規に沿って、大きな包丁を2度引いた。上の葉を外し、ヤナギの葉に見立てたキュウリを飾り付けたら完成。生徒たちは「ゆうれい寿司は甘酸っぱくて、最高においしい」と絶賛。伝統の味を引き継ぎ、もっと広めていくことを誓った。

関連記事

フードバレーとかちマラソン 周回コース正式決定 帯広

 「2019フードバレーとかちマラソン」の第2回大会実行委員会が22日、帯広市役所で開かれ、ハーフ(21.0975キロ)のコースを従来の往復から、市内を周回するコースに変更することを正式決定し...

黄金色に輝く稲穂 超早場米の収穫始まる

 県内有数の米どころ石垣島で超早場米(1期米)の収穫が始まっている。石垣市新川平田原では22日午前、市内新川の水稲農家・山根政人さん(45)が黄金色に実った稲穂の収穫に汗を流していた。収穫した米は...

長野日報社

地域住民とみそ造り 茅野市玉川保育園

 茅野市玉川保育園の園児は21日、地域住民とともに恒例のみそ造りを同園で行った。地域交流「コスモスの会」の活動で、園児たちは地域の人たちと手づくりの伝統製法を体験し、楽しく交流を深めた。  原...

豊橋で外食産業展が開幕

 食の祭典「第26回東三河外食産業展示会2019」(東愛知新聞社など後援)が22日、豊橋市神野新田町のホテルシーパレスリゾート室内テニス場を会場に始まった。外食関連の約120社がブースを出し、業務用...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク