全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

フェルメール 光の王国魅了

 オランダの画家、ヨハネス・フェルメール(1632―75年)の絵画を最新のデジタル画像技術で再現した「リ・クリエイト(再創造)作品」を集めた特別展「フェルメール光の王国展in SAKATA」が、酒田市美術館(石川好館長)で開かれている。現存する全37点を制作当時により近い色彩で楽しめるとあって連日、大勢の市民らでにぎわっている。

 オランダ絵画の黄金期とされる17世紀を代表する画家、フェルメール。光あふれる美しい作品は世界中の美術ファンの目を楽しませ、ここ数年は日本でも毎年のようにフェルメール作品を中核とした絵画展が開催され、大きな話題となった。

 今回の特別展では、生物学者・福岡伸一さんの監修でフェルメールが求めた光と色彩をデジタル画像技術で再現した37点を原寸大で紹介。代表作「真珠の耳飾りの少女」(オランダ・マウリッツハイス美術館蔵)、2点しかない風景画のうちの一つで生まれ育った「デルフト」の街並みを描いた「小路」(同国・アムステルダム国立美術館蔵)といった作品が来館者の目を楽しませている。

 フェルメールの画業を知るための各種資料も同時展示。市美術館学芸員の熱海熱さんは「週末には400人超が入館するなど、フェルメールの人気の高さが分かる。フェルメール作品を知るきっかけになれば」と話した。

 会期は10月14日(日)までで無休。関連イベントとして29(土)、30(日)の両日、午前10時半からと午後2時からの計4回、女子美術大卒業生が作品解説するほか、10月8日(月・祝)午後4時からは「フェルメールのミステリアス・ジャズナイト」と題したミュージアムコンサートも行われる。問い合わせは酒田市美術館=電0234(31)0095=へ。

大勢の市民らでにぎわいを見せる「フェルメール光の王国展」

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク