全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

田原でサーフィン世界大会開幕

 世界最高峰のサーフィン大会「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」の開幕式が15日、田原市役所で行われた。22日までの8日間、同市赤羽根町のロングビーチで42カ国、202人の選手が技を競い合う。  山下政良市長は「ベストなパフォーマンスをしてメダルを取ることを祈っています」と英語でスピーチ。続いて、主催する国際サーフィン連盟(ISA)のフェルナンド・アギーレ会長は「オリンピックまであと2年。すばらしい大会となるでしょう」と断言し、大会長を務める日本サーフィン連盟の酒井厚志理事長は「田原が日本有数のサーフポイントから世界有数のポイントとして注目されることを期待している」と願いを込めてあいさつした。  式では、各国から持ち寄った海の砂を一つのケースに収める「サンド・オブ・ザ・ワールドセレモニー」が行われた。日本選手団は田原市の砂を入れ、国境を越えた友情の絆を深めた。最後は、各国の選手が国旗を一同に掲げ、健闘を誓い合った。

 式の前には、渥美線三河田原駅から市役所まで約600㍍で、各国の選手ら約300人がマーチングバンドとともにパレード。沿道に詰めかけた市民らが、田原産の輪菊「フルブルームマム」のミニブーケを手に、日本一の花産地ならではのもてなしで選手を迎えた。  男子注目の全米オープン2連覇の五十嵐カノア選手(20)=米国カリフォルニア出身=には、ひときわ大きな声援が送られた。幼稚園年少からサーフィンを続ける市立田原東部小学校5年の植西叶芽君(10)は「カノア選手が格好よかった。メダルを取ることを祈っています」と目を輝かせていた。  競技は16日朝から始まり、日本は五十嵐選手ら6人が出場を予定。無料で観覧できる。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク