全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

春日大社(奈良市)創建1250年記念 鶴岡・神明春日神社が奉納上演

 春日大社(奈良市)に縁のある神社でつくる全国春日連合会の総会が6、7の2日間、同大社などで開かれた。今回は春日大社創建1250年を記念した総会で、鶴岡市神明町の春日神社(斎藤元宮司)に伝わる獅子舞と神事謡が奉納上演された。一般の参拝者は立ち入ることのできない本殿前の庭で、参加した神社の中では唯一の奉納。上演した神明春日神社に同連合会から感謝状も贈られ、奉納した氏子たちは「獅子舞と謡を絶やさずに守ってきて良かった。感激した」と感慨を深めている。

 同連合会は、鶴岡の神明春日神社を最北に九州までの全国3000社とされる春日神社のうち約400社で組織している。総会は毎年、本社のある奈良市と全国各地で交互に開催しており、今回が53回目。春日大社創建1250年の記念の総会に合わせ、獅子舞と氏子による「三日町謡」の神事舞と神事謡を伝承している神明春日神社に奉納上演の依頼があった。

 神明春日神社に伝わる獅子舞は鶴岡市内唯一の女獅子で、優雅な舞が特徴。神事謡の三日町謡は本町一丁目と昭和町の一部の旧三日町の氏子が伝承している。総会には全国から神社関係者と氏子ら約100人が出席。神明春日神社からは斎藤宮司はじめ氏子ら22人が訪れた。

 初日の6日、総会に先立ち春日大社本殿で祈願祭があり、玉砂利が敷き詰められた本殿前の「林檎(りんご)の庭」で神事舞に続いて、神事謡「高砂」「春日龍神」「難波」の3番が厳かに奉納された。

 斎藤宮司は「記念の年に奉納の機会を得て、出席した氏子の皆さんが喜んでいた。最北の地からバスで駆け付けたこととともに、伝統の獅子舞と三日町謡に全国春日連合会総裁で春日大社の花山院弘匡宮司も大変感銘し、春日龍神の歌詞が欲しいとも言っていただいた。由緒ある獅子舞と三日町謡が守り伝えられていることに感謝したい」と話していた。

 総会では神明春日神社への感謝状贈呈とともに、一般表彰で同神社の西方陸哉さん、齋藤榮次郎さん、菅原誠さん、地主幸広さん、新嘗祭献穀表彰で同神社が表彰された。

神事舞、神事謡として春日大社本殿前の「林檎の庭」で奉納された神明春日神社の獅子舞(上)と三日町謡=6日

関連記事

県独自の品種「夕焼け姫」

JAひまわりミカン初出荷  豊川市のJAひまわり管内で21日、温州ミカンの新品種「夕焼け姫」の出荷に備えた作業が始まった。上長山町の同JAみかん部会・清水貢さん(74)は10種類の柑橘類を育てており、...

荘内日報社

注連寺境内に「鉛筆碑」

 鶴岡市大網の注連寺(佐藤弘明住職)の境内にこのほど、「鉛筆碑」が建立された。注連寺の大天井画の鉛筆模画の縮小版を手掛けたマック美術研究所(東京都)代表の田中昭さん(73)が、鉛筆画のペンシルワーク...

奄美での「島活」に興味津々  東京・池袋でアイランダー18

 全国の島々が集い情報発信する〝島活〟イベント「アイランダー2018」(国土交通省 日本離島センター主催)が17、18の両日、東京・池袋のサンシャインシティー文化会館であった。2日間で延べ1万5...

紀伊民報社

白良浜も「冬支度」 防砂ネット取り付け

 白浜町は21日、白良浜に防砂ネットを取り付けた。冬に吹く北西からの風で砂が飛散しないようにするためで、白浜温泉街に冬の到来を告げる風物詩になっている。  町職員が午前9時から作業を始めた。約2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク