全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

災害時にドローン活用

 鶴岡市と山形ドローン協会協同組合(加藤祐一代表理事)は、災害時における支援協力に関する協定を取り決め、30日、市役所で締結式を行った。同協同組合が自治体と協力協定を結ぶのは今回が初めて。

 同協同組合は庄内地域を中心とした県内の5社で構成しており、13機の無人航空機(ドローン)を保有している。これまでも国土交通省東北地方整備局などからの依頼を受けて災害時被災者捜索や状況把握に当たるなど支援活動を実施。鶴岡市でも防災訓練などに協力してきた。

 協定は、自然災害や大規模事故などが発生した際、市からの支援要請に応じて同協同組合がドローンを活用し救助活動や情報収集などを行う。災害現場の様子を迅速に確認し、▽高画質で撮影できる▽人が近づけない危険な場所にも入ることができる▽安価で配備することができる―などのメリットがある。

 この日は同協同組合の加藤代表理事ら3人が市役所を訪れ、締結式に臨んだ。皆川治市長と加藤代表理事が協定書に署名した後、取り交わした。皆川市長は「全国各地で甚大な豪雨被害が発生している。効率的な人命救助のため情報収集は重要。協定締結により高度な操作技術を活用し、大規模災害への体制強化を図りたい」とあいさつ。加藤代表理事は「これまで災害現場に出動してきた経験を生かしたい。災害現場では状況確認が一番大事。有事の際には安全に進めていきたい」と話していた。

鶴岡市と山形ドローン協会協同組合が災害時における支援協力に関する協定を結んだ

関連記事

長野日報社

色づく白樺湖一帯の木々 紅葉始まる

 茅野市郊外の白樺湖一帯で紅葉が始まった。市街地から延びる大門街道沿いの木々も、標高が上がるにつれてオレンジ、黄、赤が増え、観光客やドライバーの目を楽しませている。  白樺湖観光センター(両...

陛下ご即位記念植樹

 豊橋建国記念の日奉祝運営委員会(天野明彦・代表運営委員)は22日、天皇陛下の即位礼正殿の儀に合わせ、豊橋公園で記念植樹を行った。  1965年設立の同会は、これまでも5年ごとに陛下在位を記念...

荘内日報社

ビーガン料理世界大会 渡部さん(酒田市出身)準優勝

 ビーガン料理の世界大会「The Vegetarian Chance2019」が13日にイタリアで開催された。 世界各国から約200人の応募があり、1次選考で残った8人による決戦が行われ、酒田市出身の渡部駿さ...

紀伊民報社

淡く光る毒キノコ 「ツキヨタケ」

 シイタケに似た毒キノコ「ツキヨタケ」が、和歌山県田辺市龍神村の護摩壇山で淡い光を放っている。森林公園総合案内所によると、例年より発生が遅いという。  ツキヨタケは8~10月に生えやすい。大き...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク