全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

国宝「仮面の女神」発見祝う”誕生日”イベント 茅野市尖石縄文考古館

仮面の女神の誕生日に、守矢館長(左)から話を聞く来館者

 茅野市尖石縄文考古館は23日、国宝の土偶「仮面の女神」が茅野市湖東の中ツ原遺跡から見つかった日を記念した「誕生日イベント」を行った。同館を無料開館し、守矢昌文館長が、来館者に土偶の発見状態や形、文様などの特徴を解説した。

 仮面の女神は2000年8月23日に発見された。今から約4000年前の縄文時代後期前半の集落の墓穴に横たわっていた。

 守矢館長は土偶の構造や縄文人の技術力などを説明し、「意識的に粘土を塗り、わざとおなかを大きくしている」と指摘。縄文時代後期は集落が衰退、人口が減っていくことから「仮面をかぶった妊婦がお祭りを行い、もう一度かつての社会を復活させたいという願いが込められているのではないか」と話した。

 9月8日には国宝土偶「縄文のビーナス」の誕生日イベントを開催。入館無料とし、午前11時と午後2時から同館長が縄文のビーナスについて解説する。

関連記事

馬車BAR 夜の街 蹄の音に酔う 本運行を開始 帯広

 夜の帯広市内中心部を周遊する「馬車BAR」の本運行が、22日午後6時にスタートした。乗客は「パッカ、パッカ」という馬の蹄(ひづめ)の音を聞きながら、ビール片手に街の風景を楽しんだ。  十勝...

長野日報社

諏訪湖の竜宮丸 来年引退で27日から感謝イベント

亀の形で親しまれた諏訪湖の遊覧船「竜宮丸」(定員150人、77トン)が老朽化のため来年3月末で引退するのに伴い、運航事業者の諏訪湖観光汽船(諏訪市)は27日から感謝イベントを市湖岸通りのロイヤ...

長野日報社

どぶろくの仕込み佳境 27日に御座石神社で祭り

祭りの宴席でどぶろくが振る舞われる、茅野市無形文化財指定の伝統祭事、御座石神社(同市本町)のどぶろく祭に向け、どぶろくの仕込み作業が佳境を迎えた。仕込みは同神社境内の濁酒醸造蔵で行われており、...

地域挙げアカハチ祭り 多彩な舞台楽しむ

 大浜の英雄オヤケアカハチをたたえ、後世に伝えるとともに地域の活性化を図ろうと大浜公民館(福島英和公民館長)が主催する第17回オヤケアカハチ祭りが13日、大浜崎原公園で開かれた。会場に詰め掛けた住民...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク