全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

国宝「仮面の女神」発見祝う”誕生日”イベント 茅野市尖石縄文考古館

仮面の女神の誕生日に、守矢館長(左)から話を聞く来館者

 茅野市尖石縄文考古館は23日、国宝の土偶「仮面の女神」が茅野市湖東の中ツ原遺跡から見つかった日を記念した「誕生日イベント」を行った。同館を無料開館し、守矢昌文館長が、来館者に土偶の発見状態や形、文様などの特徴を解説した。

 仮面の女神は2000年8月23日に発見された。今から約4000年前の縄文時代後期前半の集落の墓穴に横たわっていた。

 守矢館長は土偶の構造や縄文人の技術力などを説明し、「意識的に粘土を塗り、わざとおなかを大きくしている」と指摘。縄文時代後期は集落が衰退、人口が減っていくことから「仮面をかぶった妊婦がお祭りを行い、もう一度かつての社会を復活させたいという願いが込められているのではないか」と話した。

 9月8日には国宝土偶「縄文のビーナス」の誕生日イベントを開催。入館無料とし、午前11時と午後2時から同館長が縄文のビーナスについて解説する。

関連記事

長野日報社

諏訪湖サマーナイト花火 8月1日から開催

諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくるサマーナイト花火実行委員会は26日、諏訪市の諏訪湖で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」を8月1日から22日までの22日間、3密対策を講じた上で開...

八重山で「部分日食」 全体の9割以上欠ける 国内最大

 月が太陽の前を横切ることで太陽が一部欠けて見える「部分日食」が21日午後、全国各地であり、八重山では太陽が90%以上も欠けて見える国内最大の部分日食が観測できた。NPO法人八重山星の会(通事安夫会...

サンタメール 絵柄寄せて 広尾で一般公募開始

 広尾町北方圏交流振興会(会長・村瀬優町長)は、クリスマス時期に全国へ発送するクリスマスカード「ひろおサンタメール」のイラストを募集している。一般公募は3年目。事務局は「新型コロナウイルスの影響が...

長野日報社

多「酒」多彩に酒蔵ツーリズム 伊南地域がモデルに

国税庁の「酒蔵ツーリズム推進事業」で、全国16カ所のモデル事例対象地域の一つに長野県の駒ケ根市、飯島町、宮田村、中川村の伊南地域が公募で選ばれた。伊南DMO設立準備会が申請していたもので、日本...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク