全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

国宝「仮面の女神」発見祝う”誕生日”イベント 茅野市尖石縄文考古館

仮面の女神の誕生日に、守矢館長(左)から話を聞く来館者

 茅野市尖石縄文考古館は23日、国宝の土偶「仮面の女神」が茅野市湖東の中ツ原遺跡から見つかった日を記念した「誕生日イベント」を行った。同館を無料開館し、守矢昌文館長が、来館者に土偶の発見状態や形、文様などの特徴を解説した。

 仮面の女神は2000年8月23日に発見された。今から約4000年前の縄文時代後期前半の集落の墓穴に横たわっていた。

 守矢館長は土偶の構造や縄文人の技術力などを説明し、「意識的に粘土を塗り、わざとおなかを大きくしている」と指摘。縄文時代後期は集落が衰退、人口が減っていくことから「仮面をかぶった妊婦がお祭りを行い、もう一度かつての社会を復活させたいという願いが込められているのではないか」と話した。

 9月8日には国宝土偶「縄文のビーナス」の誕生日イベントを開催。入館無料とし、午前11時と午後2時から同館長が縄文のビーナスについて解説する。

関連記事

紀伊民報社

水しぶき上げ熱闘 仙人風呂でかるた大会

 和歌山県田辺市本宮町川湯の大露天風呂「仙人風呂」で20日、第18回「新春!仙人風呂かるた大会」が開かれた。湯に浮かべたスギ板の札を、参加した68人が水しぶきを上げながら取り合った。  熊野本宮...

戦前・戦中・戦後の足跡たどる 八重山平和祈念館

 沖縄県平和祈念資料館の移動展「沖縄県民の戦争被害と次代への継承」が19日から八重山平和祈念館で始まり、県民がたどった戦前から戦中、戦後の足跡を3部構成で伝えている。  同資料館では、戦後70年以...

長野日報社

寒天のヒミツ教えます 茅野市でガイドウォーク

 諏訪地方の冬場の伝統産業の寒天を身近に感じてもらおうと、茅野市のちの観光まちづくり推進機構は20日、寒天製造販売の「イリセン」(諏訪市四賀)と協力して茅野市北山の同社生産工場で製造工程を案内する...

個性豊かな550種 帯広の藤丸でミルク&チーズフェア

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2019」が17日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内を中心とした58社の乳製品・約550種類がそろい、初日から大勢の買い物客が詰めかけた。  道牛乳...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク