全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

和紙作りに挑戦 伝統的な工程学ぶ

カジノキの樹皮を煮て繊維以外の不純物を取り除く「煮熟」の工程を観察する子どもたち=18日午前、石垣市立八重山博物館

 石垣市立八重山博物館のこども手作り教室「手すき和紙のハガキ作り」が18日、館内で行われ、参加した親子15人が学芸員の寄川和彦さんの指導を受けながら八重山伝統の和紙作りに挑戦した。

 石垣島に自生するクワ科の落葉高木カジノキとアオイ科の一年草リュウキュウトロロアオイを使用。

 カジノキの枝を木づちでたたいて樹皮をはぎ、炭酸ナトリウムを入れた湯に樹皮を投入、繊維以外の不純物を取り除いた。

 並行してアオイの根、樹皮、葉を木づちでたたいて水につけ、粘り気のある液体(ネリ)をつくった。

 カジノキの皮を木づちでたたき、束になっている繊維をバラバラにした後、水を張ったすき舟に。かき混ぜた後、ネリを入れてなじませ、前後左右に揺り動かしながら紙の層をつくった。

 作業は午前10時から夕方までかかった。午前中の材料づくりを終えた大本小6年の上原花音(かのん)さん(11)は「簡単だと思っていたが、難しいのでびっくり。でも時間をかけて作れば良い和紙のはがきができると思う。はがきは誰かに出したい」と話した。

関連記事

静けさの中、片付け 帯広・藤丸閉店から一夜

 122年間の営業を終えた帯広の百貨店・藤丸では1日、静まりかえった館内で片付けが始まった。  食器など生活雑貨を販売していた5階フロアでは、食器やタオルなど商品を袋や段ボールに詰める作業が...

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク