全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

待ってました中尾歌舞伎 1年半ぶりに上演

1年半ぶりに再開上映された中尾歌舞伎

 伊那市無形民俗文化財の「中尾歌舞伎」が29日、約1年半ぶりに同市の長谷伝統文化等保存伝習施設・中尾座で上演された。開演1時間前から会場は満席になり、立ち見も出る盛況ぶり。伊那谷に残る民俗芸能の再開に、観客から大きな声援とおひねり、惜しみない拍手が送られた。

 中尾歌舞伎は江戸時代から地域に残る地芝居で、第2次世界大戦で一時途絶えたが、1986(昭和61)年に地元の青年たちが保存会を立ち上げ復活。春と秋に定期公演を行っていたが、高齢化などにより保存会員数が20人ほどまでに減少。会員個人の負担が大きくなり2016年11月の秋季公演を最後に活動を休止した。

 市内外から休止を惜しむ声が挙がり、17年4月には伊那谷の農村歌舞伎を題材にした映画「Beauty」でメガホンを執った後藤俊夫監督を招き、「中尾歌舞伎応援イベント」を開催。残された保存会員だけで公演の再開を決めた。その後も保存会を支援する後援会組織の設立が決まり、再開公演を後押しした。

 今回上演されたのは「御所桜堀川夜討 弁慶上使の段」で、出演者が5人と少数だが保存会得意の演目。弁慶が主君・義経の正室を生かすために、名乗りすら上げていなかった自分の娘を、身代わりにして手を掛けるあらすじ。役者たちの迫真の演技に、観衆が固唾をのみ、出演者の苗字の「中村屋!」の掛け声が送られた。弁慶が見得を切る場面では舞台いっぱいにおひねりが飛んでいた。

 保存会の西村篝代表は「今までで一番の観客の入り。こんなにも多くの人が中尾歌舞伎を待っていてくれてうれしい。今後も地域文化伝承のためにも公演を続けたい」と話していた。今回はこれまでの公演で初めて、前座を上演。長谷小学校4年生が「孝行猿」の演劇を披露した。

関連記事

紀伊民報社

好天に漂う梅の香り 南部梅林

 天候に恵まれた3連休中日の10日、和歌山県みなべ町晩稲の南部梅林は多くの家族連れらでにぎわった。花は五分咲きで、ばらつきがあるが、満開に近い木もある。次の週末に見頃を迎えそうだ。  世界農業遺...

奄美の黒糖焼酎も好評 東京で「かごしま食の大交流会」

 鹿児島県の特産品と観光の魅力をアピールする「かごしま食の大交流会inTOKYО」が1月31日、東京都内のホテルであった。日本一の評価を受けた鹿児島黒牛とともに、2020年の世界自然遺産登録を目指...

突き出すキノコ氷 上士幌の糠平湖

 氷を載せた切り株が並ぶ、上士幌町糠平湖の冬の風物詩「キノコ氷」が今年もお目見えした。厳しい自然環境が生み出す氷の造形が、釣り人や観光客らの目を楽しませている。  糠平湖は1955年、原生林を...

長野日報社

今季出現「厳しそう」 諏訪湖の御神渡り

 諏訪湖を覆った氷がせり上がる「御神渡り」の判定と神事を担う八剱神社(諏訪市小和田)の関係者は30日朝、氷の状況を確認した。宮坂清宮司(68)は「今の状況だと(今季の)全面結氷は厳しい」と語り、2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク