全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

渋谷ロフトで石垣島の魅力をPR 地元高校生

「Chura★I」プロジェクトの一環として渋谷ロフトで石垣島のPR活動を行う高校生ら=10日午後、渋谷ロフト(市観光文化課提供)

 石垣市が地元高校生を対象に観光人材を育成する「Chura★I」プロジェクトの一環として、八重山高校と八重山特別支援学校の生徒3人が3日から3日間、東京都渋谷区の「渋谷ロフト」で、月桃の葉と石垣の塩を用いたバスソルト作りなどで石垣島をPRした。  石垣市などと産官学民四者間協定を結んでいる産業能率大学(東京都)と連携し、地元高校生が企画、実施するもので、ことしで2回目。

 八重高3年の小川秀雄君、上野優祐君、八特支3年の松山優輝君が参加。「体験、体感、共感」をテーマに▽石垣の星空を学べるパネル▽石垣の海の写真やヤギの置物を飾ったフォトスポット▽はんこづくり―などのブースを企画、展示し、来場者に石垣島の魅力を伝えた。

 3人は7日午後、市役所会議室で報告会を行い、上野君は「世界から注目される石垣であり続けるためには、島民だけで考えるのではなく観光客の意見も参考に、島をより良いものに変えていかなければいけない」と提言。

 PR活動を通して表現の難しさを実感したという小川君は「自分が何を伝えたいのかを見極めて、適切なPR手段を選びたい」と課題を見据え、松山君は「バスソルトも全て配布でき、多くの人に石垣の素晴らしさを伝えることができた」と活動の成果を喜んだ。

関連記事

「アニアニまある」に新しい仲間を

豊川市ふるさと納税のクラウドファンディングでポニー購入へ  豊川市がふるさと納税制度を使ったクラウドファンディングで資金を募り、赤塚山公園(市田町)のふれあい動物広場「アニアニまある」に新...

荘内日報社

ナツメヤシ使い菓子開発

 アラブ首長国連邦(UAE)から来日しているUAE大学農学系の学生らが、鶴岡市覚岸寺の菓子製造販売「木村屋」(吉野隆一社長)の工場内で、中東特産のデーツ(ナツメヤシの実)を使ったオリジナル菓子の開...

紀伊民報社

印南町の教育旅行 海外からの受け入れ増

 和歌山県印南町の教育旅行誘致協議会「いなみかえるの宿」(辻井修会長)は2018年度、国内外から348人の子どもたちを教育旅行で受け入れた。今後も取り組みを進めるため、ホストファミリーを募集して...

宇部日報社

フードバンク事業スタート

 宇部市とNPO法人フードバンク山口は16日から、まだ食べられるのに処分されてしまう食品を回収するポストを市内5カ所に設置し、フードバンク事業を開始した。食品ロスを削減するとともに、児童施設や子...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク