全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

梅干しの注文殺到 熱中症対策

梅干しのパック詰めに追われる作業員(26日、田辺市中芳養で)

 紀南のJAや梅干し加工会社に全国の卸売業者や量販店から梅干しの注文が殺到している。テレビ番組で機能性が紹介されたほか、連日「熱中症対策に良い」と報道されているため。メーカーによっては例年の2倍以上生産しても追い付かないという。

 きっかけは、予備校講師が司会する教養バラエティー番組。7月3日に梅干しに高血圧や熱中症の予防効果があるなどと紹介した。過去にもテレビ放送を機に、注文が急増したことはあるが、1週間から10日間ほどで収束していた。ところが、今夏は猛暑が続き、連日テレビで「熱中症対策に梅干し」と放送されることで、注文が途切れていないという。  JA紀南(本所・和歌山県田辺市朝日ケ丘)加工部は加工場の人員を増やし、夜間や休日の稼働時間も増やすなどして対応しているが、「調味するには時間がかかるため、生産が追い付いていない部分がある。できたらすぐに出荷する自転車操業」という。  田辺市内の梅加工販売会社は生産が追い付かないため、他部署の社員が通常勤務を終えた後、加工場に応援に回っているという。  JA紀南や梅加工会社によると、100グラムや200グラムのパックがよく売れており、ネット販売でもしばらく注文のなかった顧客から再度注文が来るようになった。贈答用もあるが、自家消費が多いとみられる。  「経験のない需要の急増。健康のため梅を食べるのが習慣化し、リピーターが増えていることも影響しているのではないか。容器や輸送など他産業への波及効果も出ているはず」と話している。

関連記事

荘内日報社

親子連れら掘削現場見学 日沿道「朝日温海道路」の大岩川トンネル

 日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の「朝日温海道路」で、掘削工事が進む大岩川トンネル(仮称、延長1016㍍)の工事見学会が24日、鶴岡市大岩川地内の現地で行われた。庄内各地から親子連れらが参加し、日沿道...

紀伊民報社

マグロ大物386キロ

 日本有数の生マグロの水揚げ量で知られる和歌山県那智勝浦町の勝浦漁港に25日、重さ386キロ(全長262センチ)のクロマグロが水揚げされた。21日に水揚げされた308キロ(同236センチ)を超え...

「なつぞら」商品続々 限定ポテトチップス 士幌高生も協力

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」の放送開始を控え、カルビー(東京)は作品の舞台となる十勝産が原料のポテトチップスじゃがバター味、焼きとうもろこし味を期間限定で全国発売する。士幌高校農業クラブの生...

宇部日報社

SLやまぐち号出発、春の観光シーズン幕開け

 SLやまぐち号の運行開始に合わせ23日、山口市小郡のJR新山口駅で記念イベントが開かれた。1979年8月に山口線に投入されて以来40周年を迎えた今年のSL運行を、県内外のファンらが祝った。山口...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク