全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

梅干しの注文殺到 熱中症対策

梅干しのパック詰めに追われる作業員(26日、田辺市中芳養で)

 紀南のJAや梅干し加工会社に全国の卸売業者や量販店から梅干しの注文が殺到している。テレビ番組で機能性が紹介されたほか、連日「熱中症対策に良い」と報道されているため。メーカーによっては例年の2倍以上生産しても追い付かないという。

 きっかけは、予備校講師が司会する教養バラエティー番組。7月3日に梅干しに高血圧や熱中症の予防効果があるなどと紹介した。過去にもテレビ放送を機に、注文が急増したことはあるが、1週間から10日間ほどで収束していた。ところが、今夏は猛暑が続き、連日テレビで「熱中症対策に梅干し」と放送されることで、注文が途切れていないという。  JA紀南(本所・和歌山県田辺市朝日ケ丘)加工部は加工場の人員を増やし、夜間や休日の稼働時間も増やすなどして対応しているが、「調味するには時間がかかるため、生産が追い付いていない部分がある。できたらすぐに出荷する自転車操業」という。  田辺市内の梅加工販売会社は生産が追い付かないため、他部署の社員が通常勤務を終えた後、加工場に応援に回っているという。  JA紀南や梅加工会社によると、100グラムや200グラムのパックがよく売れており、ネット販売でもしばらく注文のなかった顧客から再度注文が来るようになった。贈答用もあるが、自家消費が多いとみられる。  「経験のない需要の急増。健康のため梅を食べるのが習慣化し、リピーターが増えていることも影響しているのではないか。容器や輸送など他産業への波及効果も出ているはず」と話している。

関連記事

児童が豊川海軍工廠の戦争遺構を巡る

演劇テーマを代田小の校外学習  豊川市立代田小学校(小島修校長)の6年生児童78人が18日、平和校外学習に臨んだ。11月10日に25回目を迎える演劇「ああ、豊川海軍工廠(しょう)」の発表を控えており、劇の...

紀伊民報社

534人が申し込み すさみで自転車イベント

 和歌山県すさみ町周参見の海水浴場を発着点に21日開かれる自転車イベント「ライドオンすさみ」(大会実行委員会主催、紀伊民報など後援)は、2部門で全国から計534人の参加申し込みがあった。実行委は...

荘内日報社

全長272㍍「羽黒山橋」つながる

 2020年度の羽黒山バイパス(約3・2㌔)供用開始を目指し建設が進められている鶴岡市羽黒町手向の主要地方道鶴岡羽黒線「羽黒山橋」(仮称)の橋桁締結式が17日、現地で行われ、全長272㍍の橋がつながった。 ...

宇部日報社

やまぐち健康維新キックオフ

 山口県の新たな健康づくりへの取り組み「やまぐち健康維新」のキックオフイベントが17日、山口ゆめ花博会場(多目的ドーム)で開かれた。村岡嗣政知事が「やまぐち県民一斉健康宣言」で、楽しく、無理なく...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク