全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ものづくりの現場小学生が体験 茅野でツアー

熱心に工場内を見学する児童たち=茅野市のナショナルツール

 茅野市のちの観光まちづくり推進機構は8月にかけ、地元の工場でものづくりの一端に触れる「ものづくり工場見学モニターツアー-1日体験入社」を開いている。初回の25日は、工具や自動車部品などを製造する同市玉川のナショナルツール(両角政秋社長)で実施。市内の小学生10人が、工場での仕事や現場で働く人たちのものづくりへのこだわりなどを学んだ。

 地域を支えるものづくり企業を見学して高い技術力に触れ、自分たちの暮らしとのかかわりを知ってもらう機会として初めて企画。小学校の夏休みに合わせて計5回開き、同市内の製造関連企業5社を訪問する。

 ナショナルツールには小学4~6年生が訪れた。児童は社員証を手渡されて”入社”。同社の概要や製品などの説明を受けた後、工具や自動車関連部品の製造工程、製品検査工程などを見学。実際に不良箇所を見つけ出す製品検査にも挑戦した。

 永明小5年の関森琢馬君(10)は「人の命にもかかわる部品を作っていて、小さな傷も見逃せば命にかかわる大切な仕事をしていると感じた」と熱心に見学。両角社長は「一人でも多く諏訪のものづくりに興味を持ってもらい、将来諏訪で働く人材になってくれれば」と話していた。

 ツアーは北村機電、深井製作所、タクト、八剣技研でも行われる。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク