全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山口東京理科大の玄関、JR雀田駅を一新

 山口県山陽小野田市JR雀田駅の整備を進めている小野田青年会議所(上野順司理事長、14人)は14~16日、山口東京理科大の学生有志25人と共に駅舎を塗り替える作業の総仕上げに取り組み、同大の「玄関口」にふさわしく、白地にオレンジ色が際立つ外観へとリニューアルした。再塗装は今月から、業者の手を借りて着手。オレンジ色は同大、サッカーJ2レノファ山口、「日本の夕陽100選」に選ばれた焼野海岸をイメージして採用し、外壁と屋根に施した。

 15日までに下塗りと中塗りを終え、最終日は学生12人と半日かけて壁面を白く塗った。夏本番の暑さの中、参加者たちは汗を滴らせながら色むらがないように塗り重ね、はけを使って細部まで丁寧に仕上げた。完成後、JCメンバーと学生は「青い空に映えるカラフルな駅舎へと生まれ変わった。見ているだけで楽しくなる」と満足げに眺めていた。田代雅一専務理事は「小野田JCは産学官民が一体となったまちづくりを推進しているので、自分たちのまちは自分たちの手で作りたい」と話した。小野田JCは創立55周年記念事業としては雀田駅周辺の環境を整えており、同大オープンキャンパス(8月4日)までに街灯の設置、駐輪場の整備も進め、1日に同駅で完工式を予定。

作業に参加したJC会員と学生(JR雀田駅で)

関連記事

長野日報社

東京修学旅行再開 長野県諏訪市豊田小6年生に同行

 新型コロナウイルス感染症の影響で、ここ数年、長野県外から県内へ行き先が変更されるケースが相次いだ小中高校の修学旅行。感染状況が全国的に下火になっていることを受け、諏訪地域の学校では行き先を県...

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク