全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

日本一長いブランコなど公開 山口ゆめ花博へ準備進む

日本一長いブランコを楽しむボランティアの学生ら(きらら博記念公園で)

 第35回全国都市緑化やまぐちフェア(山口ゆめ花博)で来場者を楽しませる遊具が10日、会場となる山口市阿知須のきらら博記念公園で報道陣に公開された。木製では日本一高いブランコと日本一長いブランコは既に完成しており、県職員らが試乗。山の外遊びゾーンで整備が進む「木と樹がつながる遊び場」などの概要説明もあった。日本一高いブランコは高さ30メートルで、支柱には樹齢200年のスギを使用。最大の振り幅は前後に各8メートルにもなり、その地点での高さは2メートルを超える。1回の体験時間は3分程度。対象は小学生以上だが、3~5歳児の身長制限も検討している。日本一の長さを誇るブランコの総延長は約150メートル。3メートル前後のスギをつなぎ合わせ、その間に70個のブランコを設置した。高さは3メートル。ともに海の外遊びゾーンの遊具で、営業時間は午前10時~午後4時半。料金は無料。

 山の外遊びゾーンの遊具は同公園の自然を生かし、丸太と岩を利用した遊び場と日本一長い竹のコースター。木と樹がつながる遊び場には丸太で作られた基地、ツリーハウスなど11種13基の遊具を整備。岩の遊び場では岩登り体験からボルダリング本来の魅力を感じることができる。コースターは竹が並べられた全長85メートルのコースを滑り降りるもので、高低差は8メートル。使用した約300本の竹は、やまぐち森林づくり県民税を利用した繁茂竹林整備事業で伐採したものを有効活用した。4人乗りで営業時間はブランコと同じ。いずれも8、9割程度完成しており、コースターに関しては危険がないよう、安全確認を繰り返し行う。

 子どもの育ちを支える新たな遊びの空間として、この遊び場を創出した山口大教育学部の川﨑徳子准教授は「どのように遊ぶのか定めていないのが狙い。さまざまな発達の基礎を培う遊びを通して、子どもたちの心身の総合的な発達を促したい」と話した。花博の会期は9月14日から11月4日まで。

関連記事

県独自の品種「夕焼け姫」

JAひまわりミカン初出荷  豊川市のJAひまわり管内で21日、温州ミカンの新品種「夕焼け姫」の出荷に備えた作業が始まった。上長山町の同JAみかん部会・清水貢さん(74)は10種類の柑橘類を育てており、...

荘内日報社

注連寺境内に「鉛筆碑」

 鶴岡市大網の注連寺(佐藤弘明住職)の境内にこのほど、「鉛筆碑」が建立された。注連寺の大天井画の鉛筆模画の縮小版を手掛けたマック美術研究所(東京都)代表の田中昭さん(73)が、鉛筆画のペンシルワーク...

奄美での「島活」に興味津々  東京・池袋でアイランダー18

 全国の島々が集い情報発信する〝島活〟イベント「アイランダー2018」(国土交通省 日本離島センター主催)が17、18の両日、東京・池袋のサンシャインシティー文化会館であった。2日間で延べ1万5...

紀伊民報社

白良浜も「冬支度」 防砂ネット取り付け

 白浜町は21日、白良浜に防砂ネットを取り付けた。冬に吹く北西からの風で砂が飛散しないようにするためで、白浜温泉街に冬の到来を告げる風物詩になっている。  町職員が午前9時から作業を始めた。約2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク