全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

資源回復へトラフグの稚魚放流

稚魚の右胸びれを切除する関係者(秋穂西の堤防で)

 年々減少しているトラフグの資源回復を目的に、山口県水産研究センター内海研究部と県栽培漁業公社は9日、山口市の秋穂湾にトラフグの稚魚4万匹を放流した。稚魚は秋穂東の同公社でふ化させ、7センチほどの大きさになるまで養殖池で育てた。

 放流作業は秋穂西の堤防付近で行われ、地元の漁協組合員や県職員ら約30人が参加した。追跡調査の目印となるよう、4万匹のうち1万5000匹の右胸びれを1匹ずつハサミで切除し、ホースを通して放流した。稚魚は回遊しながら成長し、2年後には体長が20㌢以上になって瀬戸内海海域での採捕が可能になる。同センターの職員は市場に出向いたり漁業者からの報告を受けたりして、トラフグの成長状況や水揚げ場所などの調査を行う。

 調査は、近隣7県の連携事業。切除するひれを変えたり、魚の耳石を染色することで放流場所を特定し、より効率的な放流活動に役立てる。同センターの岩政陽夫さんは「他県との連携事業を継続して行い、トラフグの資源回復を目指したい」と話していた。    

関連記事

長野日報社

上諏訪温泉街の山の幸今年も 旅荘二葉にジコボウ

 諏訪市湖岸通り4の旅館「旅荘二葉」の玄関前の庭に、ジコボウ(ハナイグチ)が60本ほど顔を出している。毎年生えて話題になり、鑑賞用として周辺住民も楽しむ、上諏訪温泉街の山の幸。今年はタイミング...

ワールドサーフィンゲームス男子決勝

五十嵐カノアが2位  田原市赤羽根町のロングビーチで行われている世界最高峰のサーフィン大会「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」(国際サーフィン連盟=ISA=主催)は19日、男...

荘内日報社

鶴岡の「海の食文化」学ぶ 「エコール辻 東京」学生が視察研修

 国内唯一のユネスコ食文化創造都市である鶴岡市と「ガストロノミー包括連携協定」を結ぶ辻調理師専門学校(大阪市)のグループ校「エコール辻 東京」(東京都国立市)の学生6人が、食をテーマにした視察研修の...

故郷の平穏、大太鼓に込め 厚真出身の畑嶋春美さんが慰問公演

 胆振東部地震による土砂崩れで亡くなった厚真町朝日の畑島武司さん(86)、富子さん(81)の親戚で、同町出身の畑嶋春美さん(25)=神戸市在住=が18日、全国各地でコンサート活動を行うプロの和太...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク