全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

資源回復へトラフグの稚魚放流

稚魚の右胸びれを切除する関係者(秋穂西の堤防で)

 年々減少しているトラフグの資源回復を目的に、山口県水産研究センター内海研究部と県栽培漁業公社は9日、山口市の秋穂湾にトラフグの稚魚4万匹を放流した。稚魚は秋穂東の同公社でふ化させ、7センチほどの大きさになるまで養殖池で育てた。

 放流作業は秋穂西の堤防付近で行われ、地元の漁協組合員や県職員ら約30人が参加した。追跡調査の目印となるよう、4万匹のうち1万5000匹の右胸びれを1匹ずつハサミで切除し、ホースを通して放流した。稚魚は回遊しながら成長し、2年後には体長が20㌢以上になって瀬戸内海海域での採捕が可能になる。同センターの職員は市場に出向いたり漁業者からの報告を受けたりして、トラフグの成長状況や水揚げ場所などの調査を行う。

 調査は、近隣7県の連携事業。切除するひれを変えたり、魚の耳石を染色することで放流場所を特定し、より効率的な放流活動に役立てる。同センターの岩政陽夫さんは「他県との連携事業を継続して行い、トラフグの資源回復を目指したい」と話していた。    

関連記事

宇部日報社

山口東京理科大の玄関、JR雀田駅を一新

 山口県山陽小野田市JR雀田駅の整備を進めている小野田青年会議所(上野順司理事長、14人)は14~16日、山口東京理科大の学生有志25人と共に駅舎を塗り替える作業の総仕上げに取り組み、同大の「玄関...

コンブ解禁 朝日に輝く 広尾・黄金道路海岸

 広尾町特産のコンブの漁が17日早朝、国道336号(黄金道路)沿いの海岸で始まった。朝日に輝くコンブを引き上げ、満載した船で浜はにぎわった。  解禁日は15日だったが、悪天候や高波で2日間出...

釧路新聞社

若者5人CDデビュー、イベント続々出演【釧路】

 人気ロックバンドDEENのボーカル池森秀一さんプロデュースの若者5人によるコンピレーションアルバムが発売され、念願のCDデビューを果たした。厳島神社例大祭を皮切りに、今後も港まつりをはじめとす...

やめよう!危険な路上寝 「の〜び〜ちゃ〜Tシャツ」作成 八重山署、適正飲..

 県内でも特に路上寝の多い現状を受け、八重山警察署(与那嶺一文署長)と八重山地区防犯協会(福島英洋会長)は共同で「の〜(NO)び〜ちゃ〜(酔っぱらい)Tシャツ」を約200枚作製、適正飲酒の呼び...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク