全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

資源回復へトラフグの稚魚放流

稚魚の右胸びれを切除する関係者(秋穂西の堤防で)

 年々減少しているトラフグの資源回復を目的に、山口県水産研究センター内海研究部と県栽培漁業公社は9日、山口市の秋穂湾にトラフグの稚魚4万匹を放流した。稚魚は秋穂東の同公社でふ化させ、7センチほどの大きさになるまで養殖池で育てた。

 放流作業は秋穂西の堤防付近で行われ、地元の漁協組合員や県職員ら約30人が参加した。追跡調査の目印となるよう、4万匹のうち1万5000匹の右胸びれを1匹ずつハサミで切除し、ホースを通して放流した。稚魚は回遊しながら成長し、2年後には体長が20㌢以上になって瀬戸内海海域での採捕が可能になる。同センターの職員は市場に出向いたり漁業者からの報告を受けたりして、トラフグの成長状況や水揚げ場所などの調査を行う。

 調査は、近隣7県の連携事業。切除するひれを変えたり、魚の耳石を染色することで放流場所を特定し、より効率的な放流活動に役立てる。同センターの岩政陽夫さんは「他県との連携事業を継続して行い、トラフグの資源回復を目指したい」と話していた。    

関連記事

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク