全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

プロの舞台ファン魅了 庄内能楽館「狂言の日」公演

 公益財団法人・庄内能楽館(池田宏理事長)が主催した公演会「今日は『狂言の日』」が5日夜、酒田市浜松町の庄内能楽館で開かれ、人間国宝・野村万作さんが主宰する狂言団体「万作の会」に所属する狂言師5人が2曲を披露、その魅力を広く紹介した。

 庄内能楽館は1976年の設立。仕舞や囃子(はやし)、謡の教室を随時開講しているほか、隣接する資料館では能、茶道に関する資料を展示している。昨年までの活動は教室やワークショップが中心だったが、5月には宝生流シテ方、各流の囃子方を招き「庄内 夜遊(やいう)の調べ」を開催するなど、今年に入って公演会に力を入れている。

 この日は万作さんに師事し現在、中央で活躍する深田博治さん、高野和憲さん、月崎晴夫さんら狂言師5人が来酒した。最初に深田さんが狂言を解説、「『この辺りの者でござる』で始まるのが狂言。北京だろうと、パリだろうと国内外問わず、どこであろうと『この辺りの者』」と会場を沸かせた後、大名と男の掛け合いが楽しい「昆布売(こぶうり)」、最高傑作の一つに数えられる「棒縛」の2曲を披露した。

 会場には狂言ファン約150人が訪れ、プロの狂言師が演じる舞台を堪能していた。

狂言の魅力を広く紹介した「今日は『狂言の日』」

関連記事

鵜飼U子さん「特別切手シート」販売

本紙4コマ漫画「東さんち」連載5000回突破記念  東愛知新聞の4コマ漫画「東(ひがし)さんち」が連載5000回を超えたのを記念して作者の鵜飼U子さんが「特別切手シート」を作成しました。注文は郵...

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作...

荘内日報社

小堅保育園児 地域と一緒に育てた在来野菜 「波渡なす」ミュージカルに

 ぼくたちのおなかでそだてたなすが ぼくといっしょにおおきくなった♪―。鶴岡市の小堅保育園(土岐育子園長、園児17人)の園児たちが、地域の人たちと交流しながら育てた在来作物「波渡(はと)なす」を取り上...

出来秋!胆振東部の農家に不安の声 収穫への影響懸念

 出来秋を迎えた胆振東部で、稲刈りを目前にした地域の農家や農協から不安の声が出ている。例年9月下旬に作業に入るが、むかわ町では収穫した米を乾燥させる鵡川農協の施設が地震で損傷し、使えない状況に。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク