全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新設校にスポーツコース 普通科高で道立初 幕別 

道立新設高校の概要が発表された学校説明会

 江陵高校校舎を使用して来年4月にスタートする道立新設高校の概要が4日、発表された。新設高は道立幕別高と私立江陵高の事実上の統合校となり、普通科でコース制を導入。進路に合わせ「文理探究」や「ビジネス」のほか、共に道立普通科高では初となる「スポーツ&ヘルス」と江陵高の特色を反映した「福祉」を設け、計4コースを2年生から選択する。

 同日夜に町百年記念ホールで開かれた初の学校説明会で示された。道立新設高校準備委員会(幕別高内)の主催。管内の中学3年生やその保護者、学校関係者、地域住民ら300人以上が集まった。

 説明会では同準備委の責任者を務める吉田光利幕別高校長が「新設校は幕別高と江陵高、地域の思いを一つにした学校。最初の2年間は公立と私立の生徒が共存する全国でも例がないケースとなるが、全国一魅力のあるオンリーワンの学校を目指したい」とあいさつした。

 金久保義徳幕別高教頭が校訓の「考・拓・愛」をはじめ、学校の概要を紹介。各コースの特徴として、文理-は大学進学、ビジネスは資格取得などを目指し、スポーツ-は部活と連動、福祉は介護職員初任者研修の資格が取れるとした。

 部活動は幕別、江陵両校の部を可能な限り継承。2年間同じ校舎となる新設高と江陵高は合同練習や合同チーム結成などを調整していく方針。

 町の支援計画としては、札内駅からのスクールバス運行や進学模試の受験料補助、五輪選手による特別授業などが挙げられた。学校名は「検討中」とし、来場者からの質問にも応じた。

 来場した豊頃中3年の女子生徒は「コース制が新しく興味が湧いた」、帯広第四中3年の男子生徒は「1期生というのが魅力的。第1志望で考えたい」と話した。

 同ホールロビーには制服のサンプル案8点を展示。町花シバザクラの色を取り入れたコーディネートなどがあり、注目を集めた。

 来年度の定員は3学級120人。今後は10月に第2回学校説明会を行い、12月に入学願書を配布。来年2月12日に推薦入試、同3月5日に一般入試をともに幕別高校舎で行う。

ロビーに展示された制服のサンプル案

関連記事

鵜飼U子さん「特別切手シート」販売

本紙4コマ漫画「東さんち」連載5000回突破記念  東愛知新聞の4コマ漫画「東(ひがし)さんち」が連載5000回を超えたのを記念して作者の鵜飼U子さんが「特別切手シート」を作成しました。注文は郵...

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作...

荘内日報社

小堅保育園児 地域と一緒に育てた在来野菜 「波渡なす」ミュージカルに

 ぼくたちのおなかでそだてたなすが ぼくといっしょにおおきくなった♪―。鶴岡市の小堅保育園(土岐育子園長、園児17人)の園児たちが、地域の人たちと交流しながら育てた在来作物「波渡(はと)なす」を取り上...

出来秋!胆振東部の農家に不安の声 収穫への影響懸念

 出来秋を迎えた胆振東部で、稲刈りを目前にした地域の農家や農協から不安の声が出ている。例年9月下旬に作業に入るが、むかわ町では収穫した米を乾燥させる鵡川農協の施設が地震で損傷し、使えない状況に。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク