全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新設校にスポーツコース 普通科高で道立初 幕別 

道立新設高校の概要が発表された学校説明会

 江陵高校校舎を使用して来年4月にスタートする道立新設高校の概要が4日、発表された。新設高は道立幕別高と私立江陵高の事実上の統合校となり、普通科でコース制を導入。進路に合わせ「文理探究」や「ビジネス」のほか、共に道立普通科高では初となる「スポーツ&ヘルス」と江陵高の特色を反映した「福祉」を設け、計4コースを2年生から選択する。

 同日夜に町百年記念ホールで開かれた初の学校説明会で示された。道立新設高校準備委員会(幕別高内)の主催。管内の中学3年生やその保護者、学校関係者、地域住民ら300人以上が集まった。

 説明会では同準備委の責任者を務める吉田光利幕別高校長が「新設校は幕別高と江陵高、地域の思いを一つにした学校。最初の2年間は公立と私立の生徒が共存する全国でも例がないケースとなるが、全国一魅力のあるオンリーワンの学校を目指したい」とあいさつした。

 金久保義徳幕別高教頭が校訓の「考・拓・愛」をはじめ、学校の概要を紹介。各コースの特徴として、文理-は大学進学、ビジネスは資格取得などを目指し、スポーツ-は部活と連動、福祉は介護職員初任者研修の資格が取れるとした。

 部活動は幕別、江陵両校の部を可能な限り継承。2年間同じ校舎となる新設高と江陵高は合同練習や合同チーム結成などを調整していく方針。

 町の支援計画としては、札内駅からのスクールバス運行や進学模試の受験料補助、五輪選手による特別授業などが挙げられた。学校名は「検討中」とし、来場者からの質問にも応じた。

 来場した豊頃中3年の女子生徒は「コース制が新しく興味が湧いた」、帯広第四中3年の男子生徒は「1期生というのが魅力的。第1志望で考えたい」と話した。

 同ホールロビーには制服のサンプル案8点を展示。町花シバザクラの色を取り入れたコーディネートなどがあり、注目を集めた。

 来年度の定員は3学級120人。今後は10月に第2回学校説明会を行い、12月に入学願書を配布。来年2月12日に推薦入試、同3月5日に一般入試をともに幕別高校舎で行う。

ロビーに展示された制服のサンプル案

関連記事

長野日報社

夜空へ音楽に乗せ 諏訪湖サマーナイト花火開幕

 諏訪市の諏訪湖畔で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」(諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくる実行委員会主催)が22日夜、開幕した。音楽に乗せて色鮮やかな花火が夜空を彩っている。 ...

恐竜の化石修復体験

豊橋市自然史博物館で実物を使い  恐竜の実物化石の修復体験が22日、豊橋市自然史博物館であり、抽選で選ばれた静岡県浜松市東区の市原厳さん57一家が、ゴーグルを装着しながら学芸員が使う道具で破片の接着...

やっと夏本番 ビアガーデンやイカダくだり 十勝

 十勝地方は21日に帯広が道内一の暑さとなるなど夏らしさが戻り、まちもこの時期の風物詩でにぎやかさを増している。22日には河川の増水で延期されていた「第46回十勝川イカダ下り」が行われ、48チーム...

北羽新報社

夜空彩り1万5千発/能代の花火

 第16回港まつり能代の花火は21日、能代港下浜ふ頭を観覧会場に開かれ、1万5千発の花火が夏の夜空を華々しく彩った。約1時間30分にわたる25の演目では、3尺玉が直径600㍍の光の大輪を咲かせたほか、速射連発花...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク