全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

最新鋭十勝入り 機械搬入進む 国際農機展

展示用の農機の搬入作業が本格化する国際農機展の会場(市内北愛国交流広場で)

 第34回国際農業機械展in帯広(12~16日)の開幕まで10日となった。会場となる帯広市内の北愛国交流広場では2日、出展企業が農業機械の搬入を進めている。

 今回は過去最多の135社が出展する。無人で走るロボットトラクター、省力化した作業機のほか、畑や作物のデータを収集して生産性を高める精密農業の機器やシステムも展示される。

 会場には農機や資材を運ぶトラックが頻繁に出入りし、各社がテント設置や整地作業などを進めていた。音更町の日農機は、3日以降の雨の影響を見込んで作業開始をこの日に早めた。今後の機械搬入に備えて社員10人が除草に励んでいた。

 同社帯広Aブロック営業所の石田勝郎所長(44)は「雨で作業は苦労するかもしれないが、全国から多くのお客さまが訪れる。将来の農業の在り方を示したい」と話していた。

 国際農機展はホクレン、北海道農業機械工業会、十勝農業機械協議会が主催。国内最大の農機展で、4年に1度十勝で開かれる。

 開場時間は午前9時~午後4時。初日の12日はロボットトラクターなどがデモ走行する開会セレモニーが行われる。

関連記事

鵜飼U子さん「特別切手シート」販売

本紙4コマ漫画「東さんち」連載5000回突破記念  東愛知新聞の4コマ漫画「東(ひがし)さんち」が連載5000回を超えたのを記念して作者の鵜飼U子さんが「特別切手シート」を作成しました。注文は郵...

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作...

荘内日報社

小堅保育園児 地域と一緒に育てた在来野菜 「波渡なす」ミュージカルに

 ぼくたちのおなかでそだてたなすが ぼくといっしょにおおきくなった♪―。鶴岡市の小堅保育園(土岐育子園長、園児17人)の園児たちが、地域の人たちと交流しながら育てた在来作物「波渡(はと)なす」を取り上...

出来秋!胆振東部の農家に不安の声 収穫への影響懸念

 出来秋を迎えた胆振東部で、稲刈りを目前にした地域の農家や農協から不安の声が出ている。例年9月下旬に作業に入るが、むかわ町では収穫した米を乾燥させる鵡川農協の施設が地震で損傷し、使えない状況に。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク