全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山口ゆめ花博へ向け竹プランター製作講習会

 第35回全国都市緑化やまぐちフェア(山口ゆめ花博)の会場となる山口市阿知須のきらら博記念公園に設置する竹プランターの製作講習会が26日、同公園で開かれた。作り方を学んだ竹林ボランティア7団体が、7月末までに計250基を製作し、会場で花を栽培する。竹プランターは直径12~15センチ、長さ100~120センチの節の間3カ所に、植物を植えるための穴を開けたもの。竹の台座を両端に取り付けて横置きにして使用する。竹林ボランティア団体が竹林から竹を切り出して作る。

竹プランターを作る竹林ボランティア(きらら博記念公園で)

 講習会には製作に協力する各団体から13人が参加。発案したNPO法人やまぐち里山ネットワーク(赤川瑞夫事務局長)の吉光繁明さんらに指導を受けながら、各団体1基ずつを作ってみた。長い竹を採寸しながら、のこぎりで切断したり、電動工具を使って穴を開けたりの作業。竹プランターは、花博会場内で、やまぐち里山ネットワークが製作している「日本一長い竹のコースター」や木製アスレチックの周辺に配置する予定。県森林企画課によると、8月上旬にはプランターにマリーゴールドの種が入った種団子を入れて栽培し、9月14日の花博の開幕日までに開花させる。

 花博は明治150年記念事業の中核イベントとして、「山口から開花する、未来への種まき」をテーマに11月14日まで開催。約120品種1000万輪の花で彩られた約71ヘクタールの会場で、1000のイベントを展開するほか、提案型の各種庭園、日本一高いブランコなどの遊具を設ける。都市緑化フェア史上初のナイトプログラムも実施する。有料ゾーンの前売り入場券販売中。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク