全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山口ゆめ花博へ向け竹プランター製作講習会

 第35回全国都市緑化やまぐちフェア(山口ゆめ花博)の会場となる山口市阿知須のきらら博記念公園に設置する竹プランターの製作講習会が26日、同公園で開かれた。作り方を学んだ竹林ボランティア7団体が、7月末までに計250基を製作し、会場で花を栽培する。竹プランターは直径12~15センチ、長さ100~120センチの節の間3カ所に、植物を植えるための穴を開けたもの。竹の台座を両端に取り付けて横置きにして使用する。竹林ボランティア団体が竹林から竹を切り出して作る。

竹プランターを作る竹林ボランティア(きらら博記念公園で)

 講習会には製作に協力する各団体から13人が参加。発案したNPO法人やまぐち里山ネットワーク(赤川瑞夫事務局長)の吉光繁明さんらに指導を受けながら、各団体1基ずつを作ってみた。長い竹を採寸しながら、のこぎりで切断したり、電動工具を使って穴を開けたりの作業。竹プランターは、花博会場内で、やまぐち里山ネットワークが製作している「日本一長い竹のコースター」や木製アスレチックの周辺に配置する予定。県森林企画課によると、8月上旬にはプランターにマリーゴールドの種が入った種団子を入れて栽培し、9月14日の花博の開幕日までに開花させる。

 花博は明治150年記念事業の中核イベントとして、「山口から開花する、未来への種まき」をテーマに11月14日まで開催。約120品種1000万輪の花で彩られた約71ヘクタールの会場で、1000のイベントを展開するほか、提案型の各種庭園、日本一高いブランコなどの遊具を設ける。都市緑化フェア史上初のナイトプログラムも実施する。有料ゾーンの前売り入場券販売中。

関連記事

干支の置物制作

ワークス岩西で連日作業に励む  豊橋市高師町の多機能型事業所・就労継続支援A型事業所「ワークス岩西」(坂神美惠所長)で、今年も主力製品の1つである陶の「干支(えと)置物」を販売中。昨年好評だったこ...

荘内日報社

北海道石狩市 国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」 復元へ鶴岡に協力要請

 北海道石狩市浜益区に、幕末に幕府の命を受け北方警備のために庄内藩が築いた国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」がある。この庄内藩ゆかりの史跡の保存と活用に向け、石狩市教育委員会や札幌山形県人会など...

紀伊民報社

白浜沖に浮き魚礁 ケンケン漁の漁場づくり

 和歌山県は、ケンケン漁(ひき縄漁)の漁場を紀南近海につくるため、11月中に表層型浮き魚礁3基を白浜町沖に設置する。浮き魚礁の事業は2012年度から始まり、3基投入したが、沈没や漂流ですべて失っ...

宇部日報社

学校栄養士がはなっこりー産地見学

 はなっこりーの産地見学会は19日、山口市名田島の農園で開かれた。市内の学校栄養士6人が栽培状況の解説や農園の見学を通して、地元産農産物への理解を深めた。山口地域地物普及推進協議会(時乗佳央会長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク