全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山口ゆめ花博へ向け竹プランター製作講習会

 第35回全国都市緑化やまぐちフェア(山口ゆめ花博)の会場となる山口市阿知須のきらら博記念公園に設置する竹プランターの製作講習会が26日、同公園で開かれた。作り方を学んだ竹林ボランティア7団体が、7月末までに計250基を製作し、会場で花を栽培する。竹プランターは直径12~15センチ、長さ100~120センチの節の間3カ所に、植物を植えるための穴を開けたもの。竹の台座を両端に取り付けて横置きにして使用する。竹林ボランティア団体が竹林から竹を切り出して作る。

竹プランターを作る竹林ボランティア(きらら博記念公園で)

 講習会には製作に協力する各団体から13人が参加。発案したNPO法人やまぐち里山ネットワーク(赤川瑞夫事務局長)の吉光繁明さんらに指導を受けながら、各団体1基ずつを作ってみた。長い竹を採寸しながら、のこぎりで切断したり、電動工具を使って穴を開けたりの作業。竹プランターは、花博会場内で、やまぐち里山ネットワークが製作している「日本一長い竹のコースター」や木製アスレチックの周辺に配置する予定。県森林企画課によると、8月上旬にはプランターにマリーゴールドの種が入った種団子を入れて栽培し、9月14日の花博の開幕日までに開花させる。

 花博は明治150年記念事業の中核イベントとして、「山口から開花する、未来への種まき」をテーマに11月14日まで開催。約120品種1000万輪の花で彩られた約71ヘクタールの会場で、1000のイベントを展開するほか、提案型の各種庭園、日本一高いブランコなどの遊具を設ける。都市緑化フェア史上初のナイトプログラムも実施する。有料ゾーンの前売り入場券販売中。

関連記事

宇部日報社

「歓喜の歌」高らかに 記念会館でHAPPY END2019【宇部】

 「第九『歓喜の歌』でHAPPY END2019」は15日、宇部市の記念会館であり、137人の市民合唱団と宇部市民オーケストラを中心にした管弦楽団54人の音色が、ホールいっぱいに響きわたった。第...

陸別町のキャラが菓子に たい焼き風

 商業活性化施設コミュニティプラザ☆ぷらっと内のコミュニティスペースぷらっと広場で営業する「K’Sキッチン・陸別ラーメン」は、陸別町のマスコットキャラクターをかたどった「しばれくん・つららちゃん焼...

釧路新聞社

白糠に地熱開発専門学校【白糠】

再生可能エネルギーを活用した事業で地域活性化に取り組む「町おこしエネルギー」(兵庫県加古川市・沼田昭二社長)は、地熱開発の掘削技術者を養成する全国初の「掘削技術専門学校」を白糠町の釧白工業団地内...

空のお仕事楽しく学ぶ 36組72人の親子が参加 ANA石垣島就航30周年記念

 全日空(ANA)の石垣島就航30周年を記念したイベント「羽ばたく輝く ひこうき教室」(全日本空輸㈱石垣支店など主催)が14日、南ぬ島石垣空港旅客ターミナルで行われ、36組72人の親子が航空会社の仕事...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク