全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

移動図書館へ来てね 山間部で拠点増やす

田辺市立図書館の移動図書館車で本を借りる住民(田辺市中辺路町温川で)

 和歌山県田辺市東陽の市立図書館は本年度から、市内の一般住民向けに運行している移動図書館車の拠点を増やした。新たに拠点となったのは、中辺路町4カ所、大塔地域1カ所の計5カ所。図書館の担当者は「本館まで足を運ぶことが難しい人にも本を楽しんでもらえたら」と話している。

 移動図書館車は、市内の拠点を毎月巡回。龍神、中辺路、本宮、大塔の各行政局管内での運行は2010年度からスタートした。従来から巡っていた旧市内を含めて10年度末の拠点は計32カ所あったが、利用者が伸びなかった地域は訪問を取りやめるなどして、17年度末は計25カ所に減っていた。  特に中辺路町は、10年度末は4カ所だった拠点が11年度末に2カ所になり、13年度末以降は近露地区の1カ所だけになっていた。「できるだけ市域全域にサービスを提供したい」との思いから、本年度から4カ所増やすことにしたという。本年度から新しく拠点になったのは大川、温川、高原、北郡の各地区。このうち、高原地区と北郡地区は事業スタート時には訪れていたが、利用者が少なかったことから中断していた。  一方、大塔地域では住民の希望があったことから、下川下地区の富里福祉センターに拠点を新設。これまで同地区の拠点だった富里連絡所と統合した。  移動図書館車の停車時間は、1カ所につき約30分間。千冊以上を積んでおり、できるだけ選書に偏りがないよう、小説やエッセー、料理本などさまざまなジャンルの本を用意している。貸出期間は約1カ月。  新たに拠点となった中辺路町温川の多目的集会所で移動図書館を利用した地元の山本完行さん(87)は「先月は野菜作りの本と五木寛之のエッセーを借りた。いろんな本があって、どれを借りようか見るのが楽しい」とじっくり選んでいた。  図書館の担当者は「住民の交流の場にもなっており、月1回の訪問を楽しみに待ってくれている利用者がいる。これからも続けていきたい」と話している。

関連記事

みかわでたべよう!ご当地グルメラリー

蒲郡、岡崎、西尾の3市で開催  蒲郡、岡崎、西尾の3市の商工会議所などは、各市のご当地グルメを食べて行う「みかわでたべよう!ご当地グルメラリー」を行っている。各市から13店舗ずつ参加し、エリ...

紀伊民報社

田辺市街地巡るクイズラリー

 田辺市街地を巡るクイズラリーが18日、闘雞神社(和歌山県田辺市東陽)を出発点にあった。約100人の子どもや保護者らが、クイズを楽しみながら歴史に触れた。  世界遺産闘雞神社創建千六百年記念事業...

荘内日報社

鶴岡「赤川花火大会」県内外から大勢の観客楽しむ

 第29回赤川花火大会が17日、鶴岡市の赤川河川敷で行われた。全国トップクラスの花火師たちによる約1万2000発の花火が打ち上げられた。今年も県内外から大勢の観客が訪れ、会場は満席となる盛況。カウントダウン...

音更・厚内⇔帯広 「国鉄仕様」で貸し切り列車

 私設鉄道博物館「十勝晴(とかちばれ)駅」(音更町柳町南区12)を運営する穂積規さん(59)が同駅の開業5周年を記念し、25日にJR根室線帯広-厚内(浦幌)間で1往復の貸し切り列車「十勝晴号」を運...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク