全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

移動図書館へ来てね 山間部で拠点増やす

田辺市立図書館の移動図書館車で本を借りる住民(田辺市中辺路町温川で)

 和歌山県田辺市東陽の市立図書館は本年度から、市内の一般住民向けに運行している移動図書館車の拠点を増やした。新たに拠点となったのは、中辺路町4カ所、大塔地域1カ所の計5カ所。図書館の担当者は「本館まで足を運ぶことが難しい人にも本を楽しんでもらえたら」と話している。

 移動図書館車は、市内の拠点を毎月巡回。龍神、中辺路、本宮、大塔の各行政局管内での運行は2010年度からスタートした。従来から巡っていた旧市内を含めて10年度末の拠点は計32カ所あったが、利用者が伸びなかった地域は訪問を取りやめるなどして、17年度末は計25カ所に減っていた。  特に中辺路町は、10年度末は4カ所だった拠点が11年度末に2カ所になり、13年度末以降は近露地区の1カ所だけになっていた。「できるだけ市域全域にサービスを提供したい」との思いから、本年度から4カ所増やすことにしたという。本年度から新しく拠点になったのは大川、温川、高原、北郡の各地区。このうち、高原地区と北郡地区は事業スタート時には訪れていたが、利用者が少なかったことから中断していた。  一方、大塔地域では住民の希望があったことから、下川下地区の富里福祉センターに拠点を新設。これまで同地区の拠点だった富里連絡所と統合した。  移動図書館車の停車時間は、1カ所につき約30分間。千冊以上を積んでおり、できるだけ選書に偏りがないよう、小説やエッセー、料理本などさまざまなジャンルの本を用意している。貸出期間は約1カ月。  新たに拠点となった中辺路町温川の多目的集会所で移動図書館を利用した地元の山本完行さん(87)は「先月は野菜作りの本と五木寛之のエッセーを借りた。いろんな本があって、どれを借りようか見るのが楽しい」とじっくり選んでいた。  図書館の担当者は「住民の交流の場にもなっており、月1回の訪問を楽しみに待ってくれている利用者がいる。これからも続けていきたい」と話している。

関連記事

荘内日報社

CHEER UP! 花火プロジェクト コロナ早期収束願い 全国一斉 華麗に打ち上げ

 新型コロナウイルス感染症の早期収束を願って1日午後8時、全国一斉に花火が打ち上げられた。日本煙火協会の若手花火師が企画したもので、「3密」を避けるため打ち上げ場所を事前公表せずに実施。庄内地域では遊...

紀伊民報社

悪疫退散 祈りの大輪

 新型コロナウイルス感染症の終息を願うとともに花火で笑顔を届けたいと、1日午後8時、全国各地で花火が一斉に打ち上げられた。「よみがえりの地」と呼ばれてきた熊野本宮でも、世界遺産・熊野本宮大社(和...

宇部日報社

小中学校で給食再開

 宇部市内の公立小・中学校は、1日から給食を再開した。消毒など新型コロナウイルス対策が徹底される中での実施となったが、子どもたちは友達と一緒に久しぶりの給食を楽しんだ。    岬小(内田京子校長...

「畜大の酒」スタート 「碧雲蔵」試験醸造 帯広

 帯広畜産大学の構内に整備した酒蔵「碧雲(へきうん)蔵」で1日、試験醸造が始まった。上川大雪酒造(上川管内上川町)の杜氏(とうじ)の川端慎治さんの指導を受け、スタッフらが麹(こうじ)づくりに取...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク