全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

合同で平和学習 防空壕など戦跡巡る

西表小中、白浜小、船浮小中の合同平和学習で戦時中の話をする石垣金星さん(中央)=11日、祖納

【西表】西表小中学校(宮城弘之校長)と白浜小学校(宮里政次校長)、船浮小中学校(上原秀樹校長)の合同平和学習会が11日、西表小中学校で行われ、石垣金星氏を講師に祖納集落内の防空壕(ごう)や上村砲台跡、新盛家を見学した。

 日差しは強かったが防空壕はひんやりと薄暗く、金星さんが子どものころ隠れて遊んだ話をすると児童たちは「暗いのに怖くないのかな」と話していた。

 事前に金星さんや教諭が道を開いたやぶの中に、昭和16年に造られた上村の砲台跡があり、「(兵隊は)雨や攻撃の時には横の穴に隠れて過ごし、この先の井戸で水をくんでいたようだ」と話した。

 上村から美しく青い海を眺めながら農道を歩いた児童生徒は「船浮は2人を残して移住させられ、白浜は焼け野原となった。こんな場所で機銃掃射があったら横のやぶに隠れるしかなかった」と聞き、戦時中に思いをはせた。

 慶来慶田城翁屋敷跡前から、砲台を運んだ時に石が崩れことし3月に修復が終わって開通したピサダ道を下り、大平井戸を見て、新盛家では室内の木戸に機銃掃射で開いた穴を見た。

 当時、母親のおなかにいたという金星さん。空襲時に母が前泊御嶽の後ろの森に隠れて「生かされた」こと。子どものころ食料を手に入れるのに苦労したことなどを話し、「絶対に戦争はいけない」と強く訴えた。

 児童生徒は「暑い中、防空壕にいたなんてすごい」「戦争は良くない。食べ物がなくて死ぬ人がたくさんいたと思う。自分も死にたくない」「戦争が起きないように考えていきたい」「ここでも戦争があった。今後もちゃんと『見て』、戦争について学びたい」とそれぞれ感じたことを話していた。 (曽根田容子西部通信員)

関連記事

「日本画壇の風雲児」中村正義の画業たどる 生誕100年、豊橋で展示会

 豊橋市向山大池町の「ギャラリーサンセリテ」で企画展「生誕100年 中村正義展―豊橋の正義さん」が開かれている。「日本画壇の風雲児」と呼ばれた作家の画業を豊橋ならではの展示で紹介している。26日まで。...

「がまごおりじなる」潮干狩り

 蒲郡市シティセールス推進協議会は12日、三谷地区の水神海岸で市民対象のイベント「がまごおりじなる潮干狩り大会」を開催した。市制施行70周年記念事業の一環。  協議会は自分たちで蒲郡ならではの...

長野日報社

災害への備え再確認 防災拠点巡るウオーキング JOCA駒ケ根

 JOCA(青年海外協力協会、本部・長野県駒ケ根市)駒ケ根は11日、同市中心部の防災拠点などを巡って、能登半島地震被災地にエールを送るウオーキングイベント「ゴッチャ!ウオーク」を開いた。子どもか...

長野日報社

防災への意識高めて あすウオーキングイベント JOCA駒ケ根

 能登半島地震で被災した住民らを応援するイベント「ゴッチャラリー2024」(生涯活躍のまち推進協議会主催)が11日まで、JOCA(本部・長野県駒ケ根市、青年海外協力協会)の拠点を中心に全国各地で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク