全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

イグサ栽培復活 本原さん、収穫喜ぶ

「ようやく収穫できる」と喜ぶ本原正将さん=14日午前、平得地底の水田地帯

 20数年前に栽培が途絶えた、畳表の原料となるイグサの復活に、石垣市内で国産畳表専門店を営む本原正将(まさのぶ)さん(43)(本原畳店代表)が5年前から取り組んでおり、ことし初めて収穫ができるようになった。平得地底の水田で昨年11月に植え付けた3000株が高さ約120㌢にまで成育、青々と茂った。本原さんは14日、「ようやく収穫できるようになった」と喜び、刈り取り作業に追われた。

 本原さんや関係者によると、石垣島でも20数年前は栽培から乾燥、選別、製織まで行われていたが、住宅居室の洋式化や安価な外国産の輸入などで畳の需要が低下したことを受け、栽培する農家がいなくなったという。本原さんは、中学生のころに火葬場近くの倉庫に父親と畳表を買い付けに行ったことを覚えている。

 イグサは現在、県内では唯一うるま市与那城照間で栽培・製織が行われており、父親が5年前、買い付けの際に5株を譲り受けたのを機に栽培に着手。3000株まで増やしたが、昨年は失敗。「肥料を入れるタイミングや量など栽培方法が分からず枯らしてしまった」という。

 これを受け、昨年11月に植え付け以降、照間に出向いて直接農家から指導を仰いだり、資料の提供を受けたりして栽培技術を学んだ結果、成功した。

 栽培面積は約330平方㍍で、100枚程度の畳表がつくれるという。将来的には5000平方㍍まで拡大したい考え。今回収穫したイグサは乾燥機にかけた後、照間に選別、製織を依頼する。できあがった畳表には、商標登録中の「八重山育ち」と命名する。

 本原さんは「地元産のものを使おうと5年前から栽培に取り組み、ようやく収穫できるようになった。これもたくさんの方々の応援と力があったから」と感謝、「年内にはイグサ用のハーベスターを購入し、来年には選別機、織機も導入して、すべて地元でできるようにしたい。これができれば仕事も楽しくなる。差別化も図れる」と張り切っている。

関連記事

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

豊川出身・深谷選手が7人制サッカー日本代表に

 豊川市出身の元Jリーガー深谷圭佑選手(25)が、今月末からメキシコで開催される7人制サッカーの「キングス・ワールドカップ」の日本代表に選ばれた。渡航前に東愛知新聞社を訪れ、堀内一孝社長に「東三河地...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク