全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

続々出荷 新鮮ブロッコリー 音更

出荷に向け作業が進む、JA木野選果場のブロッコリー

 JA木野(清都善章組合長)でブロッコリーの出荷作業が進んでいる。10月中旬まで、道内をはじめ全国に向けて前年並みの1400トンを出荷する。

 今年は日照量が多く、定期的な雨もあり、生育は良好。出荷作業は例年より1週間ほど早い5月末から始まった。JA木野では、おとふけ、士幌町の3JA83農家で音更町ブロッコリー運営協議会(貞広渉会長)を組織し、一元的に出荷している。道内主産地の一つで、品質への評価も高い。

 JA木野の選果場ではパート職員が5班に分かれ、包丁で手際よく余分な茎や葉を落とし、鮮度維持のため氷とともに発泡スチロールの箱に詰め、コンテナに運び込んでいた。

 ブロッコリーは九州、関東に続き、6月ごろから北海道などが産地となる。同JAでは8~9月に作業がピークを迎え、職員50人態勢で出荷する。JA木野青果課の宮脇浩治課長(36)は「自信を持って出せるブロッコリーになった。鮮度が高いので、さっとゆでて食べるのもおいしい」と話している。

関連記事

新城市4Hクラブが園児向けイチゴ収穫会

 新城市内の若手農家でつくる同市4Hクラブ(中谷一基会長)は25日、会員のイチゴ栽培ハウスにこども園の園児らを招き、収穫体験会を開いた。園児たちは鈴なりに実ったイチゴを次々をもぎ取り、口いっぱいに...

荘内日報社

NZ2選手も参加し熱戦 みなと酒田トライアスロン・おしんレー

 第33回みなと酒田トライアスロン・おしんレースが24日、酒田市の北港周辺で開かれ、同市が東京五輪・パラリンピックでホストタウンになっているニュージーランド(NZ)の2人を含め国内外のアスリート約500人...

本気!古仁屋」の魅力PR 留学フェスで面談、手応えも 鹿児島県奄美大島 東京

 全国地域みらい留学ネットワーク主催の「地域みらい留学フェスタ2018―公立高校進学における、もうひとつの選択肢」(文科省、総務省、内閣府後援)が24日、東京都内であった。鹿児島県奄美大島瀬戸内町...

宇部日報社

山口市消防団の消防団大学開講

 消防団の人材育成を目的とした山口市消防団(河村博次団長)の消防団大学(学長・田中功夫消防長)は24日、小郡前田町の市南消防署で開講した。県内初となる研修制度で、受講者は31人。高度な知識・技術...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク