全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

皮切りはサクランボ狩り 観光果樹園紹介所オープン

 県内有数の果樹園地帯の鶴岡市櫛引地域で8日、くしびき観光果樹園紹介所の開所式が行われた。観光さくらんぼ園の開園を皮切りに約5カ月間、ブドウやナシ、リンゴ狩りを楽しむ行楽客の受け入れ窓口となる紹介所が国道112号沿いの産直「あぐり」に設けられる。

 紹介所に登録しているのはサクランボ9、ブドウ5、ナシ3、リンゴ3の観光果樹園。主催する櫛引観光協会と庄内さくらんぼ生産振興協議会によると、サクランボは今シーズン、生育が良好で平年より4、5日収穫期が早いという。例年、早生品種の紅さやかを皮切りに、紅ゆたか、佐藤錦(例年20日~7月初め)、晩生の紅秀峰など来月10日ごろまで楽しむことができる。

 この日はあぐりで開所セレモニーが行われ、くしびき南部保育園の園児たちがかわいらしいサクランボ体操を披露。来場者に旬を迎えた紅さやかを振る舞い、さくらんぼ園開園をPRした。栃木県矢板市から訪れた60代の夫妻は「紹介所を通じて昨年もサクランボとブドウ狩りに訪れた。新鮮でおいしく安価で、とても良かったので今年も楽しみたい」と話していた。

 近くの平藤和喜さん(66)方の平藤農園(鶴岡市西片屋)では、開園PRに一役買った同保育園児たちが早速、サクランボ狩りを満喫。真っ赤に熟した紅さやかを味わった岩佐花音ちゃん(5)は「甘くておいしい。いっぱい食べたよ」と話し、友達と種飛ばし競争も楽しんでいた。

 問い合わせはくしびき観光果樹園紹介所=電0235(57)3300=へ。

地元の園児たちがサクランボ狩りを満喫

関連記事

児童が豊川海軍工廠の戦争遺構を巡る

演劇テーマを代田小の校外学習  豊川市立代田小学校(小島修校長)の6年生児童78人が18日、平和校外学習に臨んだ。11月10日に25回目を迎える演劇「ああ、豊川海軍工廠(しょう)」の発表を控えており、劇の...

紀伊民報社

534人が申し込み すさみで自転車イベント

 和歌山県すさみ町周参見の海水浴場を発着点に21日開かれる自転車イベント「ライドオンすさみ」(大会実行委員会主催、紀伊民報など後援)は、2部門で全国から計534人の参加申し込みがあった。実行委は...

荘内日報社

全長272㍍「羽黒山橋」つながる

 2020年度の羽黒山バイパス(約3・2㌔)供用開始を目指し建設が進められている鶴岡市羽黒町手向の主要地方道鶴岡羽黒線「羽黒山橋」(仮称)の橋桁締結式が17日、現地で行われ、全長272㍍の橋がつながった。 ...

宇部日報社

やまぐち健康維新キックオフ

 山口県の新たな健康づくりへの取り組み「やまぐち健康維新」のキックオフイベントが17日、山口ゆめ花博会場(多目的ドーム)で開かれた。村岡嗣政知事が「やまぐち県民一斉健康宣言」で、楽しく、無理なく...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク