全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山口祇園祭へお囃子の稽古始まる

 山口祇園祭(7月20~27日)で、みこしの巡行に花を添える祇園囃子(ばやし)の稽古が28日、下竪小路の山口ふるさと伝承総合センターで始まった。市内の小学6年生から69歳までの28人が太鼓、笛、鉦(かね)に分かれ、本番まで毎週練習を積む。山口祇園囃子保存会(真庭宗雄代表)、山口観光コンベンション協会主催。

 市を代表する祭りの一つで、上竪小路の八坂神社(小方礼次宮司)の例祭として約600年前に始まった。祇園囃子は第2次世界大戦時にいったん途絶えたものの、真庭さんらが京都の演奏者から教えを請い、1990年に完全復活した。祇園囃子の演奏者は経験者がほとんどで、初日の練習ではさっそく本番で披露する「日和神楽」「立田」「月」の3曲を合わせ、感触を確かめていた。    祇園囃子は、初日のご神幸で披露され、同神社から駅通りにあるお旅所まで囃子方を乗せた2基の山車がみこしを先導。3楽器による涼やかな「コンチキチン」の音色が街中に響き渡る。

関連記事

長野日報社

長野県内11年連続で減少 野生鳥獣の農林業被害

2018年度の長野県内の野生鳥獣による農林業被害は7億9500万円で前年度比約4000万円、4・9%減となり、11年連続で減少していることが県のまとめで分かった(速報値)。県鳥獣対策・ジビエ振...

豊橋祇園祭打ち上げ花火大会

 豊橋に夏の訪れを告げる「豊橋祇園祭」同奉賛会主催のハイライト、打ち上げ花火大会が20日夜、豊橋市中心街の豊川河川敷で行われ、東三河最大級の約1万2000発が夜空を華麗に彩った。  心配された雨も...

荘内日報社

NZ交流へビジネスプラン 公益大生が特別授業

 東北公益文科大学(酒田市、吉村昇学長)の2、3年生16人が19日、同市の県立酒田光陵高校(鈴木和仁校長)を訪問、「ニュージーランドホストタウン事業を切り口とした地方創生を実現する商品開発」を統一テーマ...

紀伊民報社

新田辺駅、23日利用開始

 JR西日本は、建て替え工事中のJR紀伊田辺駅(和歌山県田辺市湊)のコンコース(通路を兼ねた広場)と構内待合室の利用を23日の始発から開始する。改札は2018年11月から使用している。8月7日に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク