全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山口祇園祭へお囃子の稽古始まる

 山口祇園祭(7月20~27日)で、みこしの巡行に花を添える祇園囃子(ばやし)の稽古が28日、下竪小路の山口ふるさと伝承総合センターで始まった。市内の小学6年生から69歳までの28人が太鼓、笛、鉦(かね)に分かれ、本番まで毎週練習を積む。山口祇園囃子保存会(真庭宗雄代表)、山口観光コンベンション協会主催。

 市を代表する祭りの一つで、上竪小路の八坂神社(小方礼次宮司)の例祭として約600年前に始まった。祇園囃子は第2次世界大戦時にいったん途絶えたものの、真庭さんらが京都の演奏者から教えを請い、1990年に完全復活した。祇園囃子の演奏者は経験者がほとんどで、初日の練習ではさっそく本番で披露する「日和神楽」「立田」「月」の3曲を合わせ、感触を確かめていた。    祇園囃子は、初日のご神幸で披露され、同神社から駅通りにあるお旅所まで囃子方を乗せた2基の山車がみこしを先導。3楽器による涼やかな「コンチキチン」の音色が街中に響き渡る。

関連記事

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

紀伊民報社

紅紫色の梅新品種 「ミスなでしこ」海外へ

 果皮が紅紫色の梅の新品種「ミスなでしこ」が今季、香港で販売される。初の海外進出で、農家らは国内外での消費拡大につながると期待を寄せる。  ミスなでしこは紅紫色の小梅と主力品種「南高」の交雑種で...

荘内日報社

日沿道酒田みなと―遊佐比子間 5.5㌔20年度まで開通

 国土交通省酒田河川国道事務所は23日、建設中の日本海沿岸東北自動車道(日沿道)酒田みなと―遊佐間12㌔のうち、酒田みなとインターチェンジ(IC)―遊佐比子IC(仮称)間5・5㌔について、2020年度までに開...

宇部日報社

山口市名田島で麦の収穫始まる

 麦の穂が黄金色に輝く「麦秋」を迎え、県内有数の産地として知られる山口市南部地域で収穫作業が始まっている。    名田島地域では22日、畑を走るコンバインがエンジン音を響かせ、青空に向かって真っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク