全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山口祇園祭へお囃子の稽古始まる

 山口祇園祭(7月20~27日)で、みこしの巡行に花を添える祇園囃子(ばやし)の稽古が28日、下竪小路の山口ふるさと伝承総合センターで始まった。市内の小学6年生から69歳までの28人が太鼓、笛、鉦(かね)に分かれ、本番まで毎週練習を積む。山口祇園囃子保存会(真庭宗雄代表)、山口観光コンベンション協会主催。

 市を代表する祭りの一つで、上竪小路の八坂神社(小方礼次宮司)の例祭として約600年前に始まった。祇園囃子は第2次世界大戦時にいったん途絶えたものの、真庭さんらが京都の演奏者から教えを請い、1990年に完全復活した。祇園囃子の演奏者は経験者がほとんどで、初日の練習ではさっそく本番で披露する「日和神楽」「立田」「月」の3曲を合わせ、感触を確かめていた。    祇園囃子は、初日のご神幸で披露され、同神社から駅通りにあるお旅所まで囃子方を乗せた2基の山車がみこしを先導。3楽器による涼やかな「コンチキチン」の音色が街中に響き渡る。

関連記事

宇部日報社

小野小で梅もぎ 丸々とした実に歓声【宇部】

 小野小(河口龍裕校長、23人)で26日、梅もぎが行われた。全校児童が運動場や校舎裏の梅林で丸々と成長した実に歓声を上げながら収獲を楽しんだ。    同校の梅雨入り前の恒例行事として、40年以上...

10メートル空けてラン 総合体育館再開 帯広

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い休止していた、帯広市内の総合体育館(よつ葉アリーナ十勝)や道立美術館など多くの公共施設が26日、運営を再開した。  帯広市の施設でこの日再開したのは総合体...

釧路新聞社

飛沫防護具700個製作【釧路】

   釧路工業高等専門学校(小林幸夫校長)は、新型コロナウイルス感染症と最前線で戦う医療従事者に使ってもらおうと、飛(ひ)沫(まつ)防護具700個を自作し、釧路市内の医療機関などに寄贈する。すでに...

超早場米の収穫始まる 来月上旬ごろ販売開始

 県内有数の米どころ石垣島で超早場米の収穫が始まっている。25日午前、石垣市平得地底にある大道正信さん(52)の田んぼで一期米の稲刈りが行われた。新型コロナウイルスの影響で外出自粛生活が続き各世帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク